FC2ブログ

watchPosition()について

watchPosition()について

watchPosition()の書式は

watchID = navigator.geolocation.watchPosition(
取得時の処理,
エラー時の処理,
オプション)

取得時の処理には
取得できたときに呼び出す関数をセットする
ちなみに、自作関数でもok
この関数に、取得できた位置情報をいれたオブジェクトが渡される
このパラメータは必須なので、忘れないように注意

次に、エラー時の処理だけど
これも、エラーが発生したときに渡す関数を指定する
もちろん、自作関数でok
ただし、渡す情報は位置情報は取得してないから
何のエラーが発生したがが関数に渡される
これは、必須じゃないから、省いても問題ない

最後にオプション
これは、位置情報の精度とか、取得時間のタイミングを指定する


書式で書いたけど
そのままの意味で
watchPosition()は
navigatorオプション内にある
geolocationオブジェクトのメソッドになる

なので、もしブラウザーが
Geolocation API非対応なら
navigatorオブジェクトには
geolocationオブジェクトがないことになるので
if(!navigator.geolocation)
で判別処理ができる

これで、Geolocation APIが使えることを確認したら
定期的に位置情報取得する
watchPosition()を使うようにする
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック