FC2ブログ

Webストレージのまとめ

Webストレージのまとめ

Webストレージには
ローカルストレージ
セッションストレージ
がある

ローカルストレージは、データをずっととっておきたいとき

セッションストレージは
一時的に保存したいときに使う

セッションストレージと
ローカルストレージは
機能そのものはあまり変わらないから
同じメソッド、同じ方法でのデータの読み書きができる

データ保存には
setItem()

データ読み出しには
getItem()

保存されたキーの読み出しには
key()
を使う


Webストレージに保存されたデータの数は
lengthプロパティを参照する
これとfor()をあわせて
データの数だけ読み出しとかの処理をする

Webストレージにデータの保存ができたか確認するには
try catchで調べる
これは、Javaとあまり変わらないかもしれない
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック