FC2ブログ

JavaSctipt と CoffeeScript の違い

CoffeeScript では
プログラムの構造を表すのに
;
{}
を使わない

各行の先頭に
スペースやタブを入れて
インデントすることで構造を表す

このため、
}
とか
;
が原因のバグが起きなくてすむ

また、関数の作り方は
JavaScript では
function() {}
だったけど

CoffeeScript では
->
となる

また、CoffeeScript ではオブジェクトの定義に
class を使う

そして、CofeeScript の場合
コンストラクタは
constractor という名前のメソッドで定義する

メソッドは
メソッド名:->
と定義する

そして 変数を宣言する時に
JavaScript では
var
で変数宣言したけど

CoffeeScript では
利用した関数が、関数の先頭で自動的に定義される

プロパティの値には@がつく
これは JavaSctipt の this の代わり

そして
->
の代わりに
=>
を使うと意味が変わる

メソッドの定義で=>を使うと
どんな呼ばれ方をしても
@が変わらないメソッドになる

@は JavaScript でいう this のこと
JavaScript のときには this が変わるため
対処が必須だったけど
CoffeeScript なら
=>
で対処できる
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック