FC2ブログ

OAuth利用の手順

OAuth利用の手順

1、事前にTwitterなどのWebサービスに、利用するアプリを登録し
Consumer key

Consumer Secret
というキーと値を取得し、OAuth認証利用許を得る

2、アプリから
Webサービス認証用URL
Consumer key
Consumer Secret
コールバックURL
を指定すると
Webサービスの認証機能から
Request Token
が引き渡される
そしたら、アプリからサービス認証機能に、
Request Tokenを認証画面のURLをつけてリダイレクトすることで
認証画面がでる

3、でてきたWebサービスの認証画面で
ログインID
パスワード
を入力(TwitterアプリならTwitterのアカウント)
ここで、ログインし、アプリの認証を許可
これで、
Webサービスの認証機能から
Access Token

Verifier
がアプリに引き渡される

4、再度、Webサービスの認証機能へリダイレクトして
Access Token

Access Token Secret
を取得
Twitterのつぶやきとか、Webサービスを使うときには
Access Token

Access Token Secret
を使い、HTTPリクエストに署名して通信する


こうした仕組みで
TwitterとかのWebサービスを提供する機能を
サービスプロバイダーといい

Webサービスと連携するアプリをコンシューマという


OAuth認証により
Webサービスと連携するプログラムをくむには
ライブラリを使う

Javaで
TwitterへOAuth認証してアクセスするには
Twitter4j
というライブラリがよく使われている
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック