FC2ブログ

一時ファイル作成と削除

一時ファイルを作成するとき
他の一時ファイルと名前が被るとエラーをおこす

これを避けるには
mktemp コマンドを使う

mktempコマンドで指定する
X
の数は6つ以上でないとエラーになる
6以上は、Xになる

mktemp コマンドの解説は
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/348mktempdir.html
にわかりやすい解説が載っています

一時ファイルの作成はこれでできるので
次に削除について

削除は
trap コマンドを使います

trap "rm -f 一時ファイルのパス" 0 1 3 15
で削除します

trap コマンドは
1番めの引数
"" で囲んだところに実行するコマンド

2番め以降の引数に
シグナル番号の指定をします

ここで指定したシグナルが発生したときに
コマンドが実行されます

0 1 2 3 15
は定番の書き方で、どんな場合でもコマンドが実行されます

ちなみに、シグナルの意味は
0
正常終了


プロセスの再起動


プロセスに割り込み


プロセスを終了

15
プロセス終了

trap コマンドとプロセスに関しては
シグナルと trap コマンド
を参考にさせていただきました
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック