FC2ブログ

日経Linux 2012 10月号でスクリプト特集がありましたが
いまいちわかりにくかったのでメモです


tr コマンドは、文字を置き換えするというもの

ディレクトリのパスをファイルの名前には使えないので
こういうときに使う

dirback-usr-local-etc-2012121321.tgz
というファイルがスクリプト実行したらできたけど

これは、スクリプトで
tr / -
が実行されて
/usr/local/etc
がusr-local-etc
になったから

さらに最初に dirbackがついているのは
BKPREFIX="/backup/dirback”
になっているから

もし
BKPREFIX="/backup/shellback”
にしたら
shellback-usr-local-etc-2012121321.tgz
となる

-2012121321
の部分は
DATE=`date '+%Y%m%d%H'`
で実行したときの時間を取得していて
-${DATE}
がついているため

今回の参考書籍



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック