FC2ブログ

ローカルストレージとセッションストレージ

ローカルストレージとセッションストレージ

Web Storageには
localStorageと
SessionStorageがある

永続的にデータ保存したいなら
localStorage

localStorageは
PC電源を落としても、ブラウザーを閉じてもデータは残る

SessionStorageは
同一セッションのみ共通のデータを読み書きできる

セッションが違うとデータのやりとりはできない

例えば、ウィンドウを開き
新規にウィンドウをまた開いたときに
同一オリジンなら、2枚のウィンドウでやりとりできる
ちなみに、オリジンは
プロトコル+ドメイン+ポート番号のこと

プロトコルはTCP/IPをやったことのある人にはおなじみで
httpとかhttps FTPなどなど
転送の規格

ドメインは
http://のあとにある
yahoo.co.jpとか
携帯の
@ezweb.ne.jp
とかの部分

ちなみに、携帯メールのドメイン指定は
これを指定するやり方

ポート番号は

通信の番号のことで
サーバー構築することがあるなら必須知識
です
httpなら80
tomcatだと8080だったりします
詳しくはウェルノウンポートで検索するとでてきます

httpは平文で、パケットキャプチャなどで
通信傍受されますが
httpsは暗号化されるため
安全性があがります
ちなみに、ポートも463ポートになります

話をオリジンに戻しますが
ドメインとプロトコルが一緒でも
このポートが違うなら、オリジンは同一ではないと判断されます

また、ブラウザーを終了したり
ウィンドウを閉じると、セッションは終了します

セッションが切れた場合、
sessionStorageのデータは消えます

このため、一時的データの取り扱いには
sessionStorageを使います
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック