FC2ブログ

log サーバーの永続性について

一般的なDBMSでは
一旦格納してコミットしたデータは
ディスク破壊などを除き、何があっても消失しないような仕組みになっている

この
コミットした結果を消失しないようにするには負荷が伴う

アクセスログのように消失が許容されるログ管理では
永続性を維持しないことで処理負荷をおさえられる

PostgreSQL では
テーブル作政治に
CREATE UNLOGGED TABLE コマンドを使うことで
永続性を維持するための
トランザクションログを特定のテーブルだけ書かないように指定できる

他のテーブルの永続化には影響しない

この状態でDBMSがクラッシュすると該当するテーブルデータが強制的にクリアされる

そ他割、更新処理はかなり高速になる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック