FC2ブログ

ログデータフォーマットは
サービスごとに異なる

Linux で出力できるログは

syslog サービスが出力するログ

アプリが個別に出力するログ

の2つ


まずは、syslog サービスが出力するログについて

syslogのログは
各種アプリが出力するログを処理する

syslog の出力ログは
一般的には
/var/log
にまとめて配置される

syslog が扱うすべてのログが集まるファイルが
syslog ファイル

/var/log/syslog
に記録されていく

今回は、日経Linux を参考に
cron コマンドのログを出してみました

今回は
cat /var/log/syslog | grep cron
を実行しました

以下は実行結果です

snowpool@snowpool-Prime-Series:~$ cat /var/log/syslog | grep cron
Nov 28 18:51:27 snowpool-Prime-Series anacron[1029]: Job `cron.daily' terminated
Nov 28 18:51:27 snowpool-Prime-Series anacron[1029]: Normal exit (1 job run)
Nov 28 19:17:01 snowpool-Prime-Series CRON[6889]: (root) CMD ( cd / && run-parts --report /etc/cron.hourly)
Nov 28 20:17:01 snowpool-Prime-Series CRON[7740]: (root) CMD ( cd / && run-parts --report /etc/cron.hourly)

画像をつけると
Screenshot-2012-11-28 21:09:30


まず、ログの読み方ですが
基本的なフォーマットは
タイムスタンプ ホスト名 タグ: メッセージ本体
となります

今回のタイムスタンプなら
Nov 28 19:17:01
つまり11月28日 19:17のログ
です

ホスト名は
snowpool-Prime-Series
つまりマシンのホスト名

タグですが
ここにはプログラム名とプロセスIDになりますので
CRON[6889]:
なら
cron がプログラム
6889 はプロセスIDとなります

メッセージ本体は行ったことです
(root) CMD ( cd / && run-parts --report /etc/cron.hourly)

が実行されたということになります
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック