FC2ブログ

停止ボタン、巻き戻しボタンの制御

停止ボタン、巻き戻しボタンの処理

まず、停止ボタン
オーディオを停止するには
pause()
を呼び出す

pauseは一時停止

実は、HTML5では、一時停止はあるけど
停止はない

なので、次にplay()を呼び出すと
一時停止した場所から再生が始まる


次に、巻き戻しボタンについて
これも、意外かもしれないけど
HTML5 Audioには、巻き戻しがない

対処として
HTML5Audioでは、再生ヘッドの位置を示す
currentTimeプロパティを使う
プロパティの値は、再生している秒数

つまり、
currentTime=0;
なら
再生ヘッドがオーディオデータの最初似戻り、巻き戻しとおなじになる
さらに、pause()で一時停止すれば、
巻き戻して止まったように見える

ゲームとかでもよくあるけど
当たり判定とか、ライフが減るのは 
ある意味見せかけ処理なので
処理がわかると応用かできるので、便利


次に、再生速度のコントロール
について
DVDとかで、よくある
標準再生、倍速再生、スロー再生とかが
このコントロール

再生速度の制御には
playbackRateプロパティと
defaultplaybackRateプロパティの
両方へ
再生速度をあらわす数値を入れる

等倍速度なら 1.0
2倍速なら 2.0
スロー再生なら 0.5
とする

ちなみに、1.2とかもできるけど
指定した速度で動くかは、ブラウザ次第
なので、正確な指定は難しい
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック