FC2ブログ

Javascriptのエラーチェック

エラーチェック

Javascriptで入力した場合、入力した値が、指定した範囲を超えている

このため、Javascriptで入力チェックをリアルタイムでする必要がある

ただし、HTML5 で作成されたformなら
checkValidity()
で調べることができる

HTML5でないなら
従来どおりに
空欄チェック、型チェックをするscriptを何行もかかないとならなくなる

checkValidity()の使い方は
input要素のidを指定して、
checkValidity()を呼び出す

もし、input要素のid="resNumber"なら

var flag = document.getElementById("resNumber").checkValidity();
となる

checkValidity()は
入力が正しいならtrue
不正ならfalseを返す

これを使い
if文と合わせれば、エラーチェックの出来上がり

if(flag == true){
okだったときの処理
}else{
不正だったときの処理
}

というかんじになる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック