FC2ブログ

Android地図表示処理

地図表示処理

Androidで、地図表示のための主なAPIは
com.android.google.mapsパッケージにある

以下の2つが、GoogleMapsを使うとき使用する主なクラス

MapViewクラス
GoogleMapsを表示するビュークラス

MapActivityクラス
GoogleMapsを制御するアクティビティクラス

また、AndroidManifest.xmlに
使用する地図関連ライブラリを設定するため
users-libraryタグへ
android:name="com.google.android.maps"
を記述

そして、パーミッションへ
インターネットアクセス権限になる
INTERNET
を設定する

アクティビティは
地図を扱う
MapActivityを継承して使う

MapActivityクラスの
isRouteDisplayed()
をオーバーライドして実装し
戻り値をtrueにすると
ルート情報
表示する
falseならルート情報表示なし


isRouteDisplayed()は
ルート情報を表示するか否か
設定するメソッド

ソースにすると
@Override
protected boolean isRouteDisplayed(){
return false;
}
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック