FC2ブログ

ファイルへの保存について

ファイルへの保存について

ファイルへのデータ書き込みには
まず
openFileOutput()を使い
FileOutputStreamオブジェクトを取得

openFileOutput()の
第1引数にはアクセスしたいファイル名
第2引数に処理モード定数を設定

ファイル処理モード定数は

MODE_PRIVATE
他のアプリからアクセス不可

MODE_WORLD_READABLE
他のアプリから読み込み可

MODE_WORLD_WRITABLE
他のアプリから書き込み可

MODE_APPEND
既存ファイルに追加書き込み


プリファレンスとほほ同じだけど
既存ファイルに追加書き込みできる
MODE_APPENDが増えている

定数とかの設定ができたら
書き込み処理をする FileOutputStreamオブジェクトを引数にして
BufferedWriterクラスのオブジェクトを生成

このBufferedWriterオブジェクトの
write()に
書き込みたいデータを文字列で渡し
ファイルに出力

newLine()
を使えば改行を入れることができる

最後に
close()
でバッファにたまっている出力データを
ファイルに書き込み、ファイルを閉じる


ファイルからのデータ読み込みは
openFileInput()
を使い
FileInputStreamオブジェクトを取得
そのFileInputStreamオブジェクトを引数にして
読み込み処理を行う InputStreamWriteクラスの
オブジェクトを生成

生成したInputStreamWriteオブジェクトを
引数にして
BufferedReaderクラスのオブジェクトを生成する

そして
BufferedReaderの
readLine()を使って
バッファに取り込まれたデータを
1行ずつ読み込む


ファイルデータの削除には
deleteFile()
を使う

deleteFile()で
ファイルのデータが全て削除される


ファイルの読み込み、書き込み、削除には
全て例外処理が必要なため、
try{
処理
}catch()
例外処理
}
というように処理の記述が必要
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック