FC2ブログ

プリファレンスの利用

プリファレンスの利用

プリファレンスを利用するには
プリファレンスにアクセスするためのメソッドを提供するインターフェース
SharedPreferencesの
オブジェクトを取得する必要がある

SharedPreferencesオブジェクトは
Contextクラスの
getSharedPreferences()
で取得する

この第1引数に
アクセスしたいファイル名

第2引数に
処理モードの定数を設定する

プリファレンスの処理モード定数は

MODE_PRIVATE
他のアプリからアクセス不可

MODE_WORLD_READABLE
他のアプリから読み込み可

MODE_WORLD_WRITABLE
他のアプリから書き込み可


データの書き込み、変更、削除には
SharedPreferences.Editorクラスのインスタンスを
SharedPreferencesの
edit()で取得

データの保存には
SharedPreferences.Editorオブジェクトの
putString()に
保存するデータのキーと値を設定し
commit()

プリファレンスファイルに保存する

putString()は
第1引数にキー
第2引数に保存する値を設定

putString()のほかにも
putInt()
putLong()
putFloat()
putBoolean()
があるので、保存したいデータ型により使い分けができる


SharedPreferencesオブジェクトを取得したあと
SharedPreferencesオブジェクトの
getString()
でデータ取得

getString()の
第1引数に取得したいデータのキー
第2引数にデータが取得できなかった場合の値
を設定

プリファレンスファイルのデータを全て削除したいなら
SharedPreferences.Editorクラスの
clear()を使う
これは
SharedPreferencesオブジェクトや
SharedPreferences.Editorオブジェクトを取得したあと
clear()を実行する

全部ではなく
指定したデータのキーだけ削除したいなら
remove()を使う
これは
引数にキーを指定する
データを保存するときと同じように
削除するときにも
commit()を実行するのを忘れないように注意
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック