FC2ブログ

GtkDrawingArea

gdk_pixbuf_new_from_file()
ウィンドウに表示するための画像をファイルから読み込む

gtk_widget_set_size_request()
ウィジェットの大きさを設定する

gdk_draw_pixbuf()
画像データを描画
第1引数 drawable
画像データを描画するドローアブルを指定
例:ソース5ー2ではGtkDrawingArea の windowsメンバをドローアブルに指定
第2引数 gc
指定せずNULLでもよい
第3、4引数
ドローアブルのどの座標から描画を開始するか指定
第5引数~第8引数
描画する画像の範囲(開始座標と幅、高さ)を指定
width,height に -1を指定すると、自動的に画面全体の幅、高さになる


gdk_window_set_back_pixmap()
画像データを GdkWindowの背景として設定

gdk_window_clear()
画像の再描画

gdk_pixbuf_render_pixmap_and_mask()
GdkPixbufデータから、ピックスマップと ビットマップを作成する

gdk_pixbuf_composite_color()
を使って透明部分にタイル柄を描画して
透明部分を演出

void gdk_pixbuf_comnposite_color(
const GdkPixbuf *src, //入力画像
GdkPixbuf *dest, //出力画像
int dest_x, //入力が像の描画を開始するx座標
int dest_y, //入力画像の描画を開始するy画像
int dest_width, //描画する幅
int dest_height, //描画する高さ
double offset_x, //入力が像のオフセットのx座標
double offset_y, //入力が像のオフセットのy画像
double scale_x, //入力が像のx方向の拡大率
double scale_y, //入力画像のy方向の拡大率
GdkInterpType interp_type, //画素数の内挿方法
int overall_alpha, //透明度の設定
int check_x, //チェッカーボードのオフセットのx座標
int check_y, //チェッカーボードのオフセットのy座標
int check_size, //チェッカーボードの大きさ
guint32 color1, //チェッカーボードの色1
guint32 color2); //チェッカーボードの色2
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック