FC2ブログ

titanium mobile で占いアプリ作成

今回は日経Linux 2012 8月号の
サンプルを使いました




最初に
cp -p /media/LIN201208/article/rensai_android/app.js .

ファイルをコピー

次にの
gedit app.js
をコピーするため

Titanium Studio パッケージエクスプローラで
プロジェクト名 > Resources > app.js
でファイルを開きます

ファイル拡張子をみたまま、
java script です

このファイルの中身をすべて削除し
app.js をコピペします

titanium mobile のUI部品生成は
Titanium.UI.create部品名
という関数を作成します

もし、ボタンを作るなら
Titanium.UI.createButton({
設定
})

というかんじです

ボタンを押したときの処理は
addEventListener を使います

このあたりも
java script に近いかも

具体的には
button.addEventListener('click',function(){
//クリックしたときの処理
});

となります

'click'
はイベント名

function(){ ...}
の部分は
イベントが発生したときに実行される関数
通称イベントハンドラー
です

今回使用した関数もメモしてみました

Math.random()
0以上1未満の数をランダムにかえす

Math.floor()
小数点以下の数を切り下げて整数をえる
これで、
0から「配列の長さ-1」
までの範囲の整数を乱数で得られる
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック