FC2ブログ

図形の描画

gdk_draw_rectangle()
短型の描画を行う

void gdk_draw_rectangle(
GdkDrawable *drawable,
GdkGC *gc,
gboolean filled, //filled=塗りつぶさない TRUE=前景色で塗りつぶす
gint x, //左上のx座標
gint y, //左上のy座標
gint width, //幅
gint height //高さ


描画の基準は、指定した座標を左上とした基準の形で四角を描く
引数 filled をTRUEにすると、枠の中を前景色で塗りつぶす


gdk_draw_arc()
円弧の描画を行う

void gdk_draw_arc(GdkDrawable *drawable,
GdkGC gc,
gboolean filled, //TRUEなら塗りつぶし
gint x, //左上のx座標
gint y, //左上のy座標
gint width, //幅
gint height, //高さ
gint angle1, //円弧の開始角度
gint angle2 //相対的な角度
);

引数x,yは円弧を含む左上の座標を表す
width=幅 height=高さを表す
angle1 円弧の開始角を表す
(3時の方向を0°として、1/64単位で与える)
angle2 angle1からの相対的な角度
filledをTRUEにすると、円弧内を前景色で塗りつぶす



gdk_draw_polygon()
多角形の描画を行う

void gdk_draw_polygon(GdkDrawable *drawable,
GdkGC *gc,
gboolean filled, //TRUEなら前景色で塗りつぶし
GdkPoint *points, //GdkPoint構造体の配列で指定
gint hpoints //ポイント(多角形の頂点の点)の数
);

多角形の頂点を、Gpoint構造体の配列 *pointsで指定する
filledをTRUEにすると、多角型内を前景色で塗りつぶす



★ピックスマップへの描画
GdkPixmapもドローアプルのひとつ
図形などをウィンドウに描画する時にはGdkWindowを使う

GdkPixmapは
ウィンドウにたくさんの図形を描画するときに使う
なぜなら、直接 GdkWindow に 描画すると画面がちらつくから

なので、図形を先に GdkPixmapに描画して、それを GdkWndow に貼り付ける
これで描画のチラつきが回避可能らしい
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック