FC2ブログ

localStorageの構文

local storageを操作する構文

まずは書き込み
localStorage.setItem(キー,保存するデータ);

次に呼び出し
localStorage.getItem(キー);

削除するなら
localStorage.removeItem(キー);

データ数取得なら
localStorage.length;

n項目のキーの値を取得なら
localStorage.key(n);

ストレージそのものを削除なら
(DBのテーブル削除みたいにする)
localStorage.clear();

解説もメモすると
localStorageは
ブラウザーの
window.localStorage
というオブジェクトで提供される
ちなみに、
window.
は省略可能
jQueryでもそうだけど
結構省略できたりする

localStorageにデータ保存するなら
setItemメソッドを使う

保存してあるデータを読み出したいなら
getItemメソッドを使う

このあたりは
setで保存
getで呼び出し
と覚えるといいかも

ちなみに、キーをセットしてないと
nullが返る
nullはなしという意味で
よくsqlとかでDBのデータ入力で使われる

PHP +MYSQLの組合せだと使用頻度高め

キーの値削除ボタンには
removeItemを使う
javascriptでも、removeあるから
意味は近い
removeは削除という意味

.lengthは
ストレージに格納されているデータの数を返す
ちなみに、プロパティなので()はつかない

.key()

要素番号を指定しキーを取得

.clear()
はストレージ全体を削除
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック