FC2ブログ

HTML5とストレージ機能

HTML5 とストレージ機能

一般にWebアプリでは
サーバ側にデータを送ったり
Webブラウザーのcookieでクライアント側に保存します

HTML5では
ストレージ機能を使い
MB単位のデータを保存できます

cookieだと、Maxで4KBです

ちなみに、
1MB = 1000KB
となります
つまり、最大容量は
ストレージ機能のほうが1000倍以上あります

HTML5のストレージ機能は2つあり

Local Storage
Session Storage
があり、これらをまとめて
Web Storageといいます

これは、
プロトコル://ドメイン:ポート番号
となります

たとえば、
http://hebereke.jp:8080
というかんじ

local storageは
データの長期保存が可能で
Webブラウザーを閉じても、また同じ画面が開けます

session storageだと
セッションが続いている間だけ保存できます
こちらはブラウザーを閉じると消えます
セッションは
PHPとかでよく使います
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック