FC2ブログ

javascriptメモ

javascriptメモ

document.getElementById

id属性から要素を取得する関数

getContext()
で描画用オブジェクト取得

e.target.getBoundingClientRect()
canvas要素のコンテンツの左上の座標取得

lineWidth
線の太さ

e.clientX - rect.left
マウスのX座標から左余白を引く

e.clientY - rect.top
マウスのY座標から上余白を引く

mousedown
マウスのクリック

mousemove
マウスドラッグ

mouseup
マウスボタンを離す

beginPath()
描画用オブジェクト

Path
は線

canvasで描く画像は
座標から座標までの線の集まりで
線の曲がり方、太さなとをデータ化する

moveTo()
で座標移動

lineTo()
線を引く

stoke()
実際に描画

closePath()
線の描き終わり
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック