FC2ブログ

サーバーサイドJava script Node.js

サーバーサイドJavascript Node.js

Node.jsは
非同期処理を特徴としたJava scriptの処理系

非同期処理とは
実行の順序が前後しても問題ない処理

処理系は
プログラミング言語を実装したソフトウェアのこと

つまり、複数のクライアント接続を受けて処理できるサーバーソフト版
Javascriptのようなもの

Webサーバーソフトとしては
Apacheが有名だけど
今回はNode.jsを使用

インストールは
sudo apt-get install build-essential
sudoapt-get install libssl-dev
sudo apt-get install curl
で必要なパッケージインストールしてから

nvmに必要なGitHubを使用
sudo apt-get install git-core
git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm

これで、nvmがダウンロードされるので

source ~/.nvm/nvm.sh
で準備完了

これで、
nvm install v0.6.5
でインストール

これだけだと
ログアウトしたら設定が消えるため

sudo apt-get install vim
でエディタをインストールして
vim ~/.bashrc
でファイルを開いてから
最終行へ

source ~/.nvm/nvm.sh
nvm use "v0.6.5"
を追記して保存

あとはWebサーバーとして動作するのに
必要なライブラリを
npm install connect

でインストール

npmは
Node Package Managerで
ubuntu の apt-getみたいなもの

今回は
connectパッケージインストールしてます

では、Webサーバーとして起動
まずは
mkdir ~/public
cd
node -e "var connect=require('connect'); connect(connect.static(__dirname+'/public')).listen(8080);" &
を実行

nodeコマンドは
Node.jsを実行するプログラム

_dirname
には
Node.jsで実行する
Java scriptを配置するパスを格納

listen(8080)
は使用するポートを指定
今回なら8080

&はLinuxでおなじみのバックグラウンドでの
実行

Webサーバーを停止するには
jobsコマンドでジョブ番号を調べて
kill %ジョブ番号
とします

ジョブ番号1なら
kill %1

あとは
サーバーにアップしたいファイルや
ブラウザーでみたいファイルを作るなら
~/public
の下に作成していきます
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック