FC2ブログ

data-xxxxx属性

検証に必要な情報はdata-xxxxx属性で

検証に必須なパラメータ情報は
data-xxxx属性で指定

<input ... class="valid length" data-length="30"/>
data-xxxxx属性は
目的に応じて開発者が自由に設定できる特別な属性

使い方としては
スクリプトで利用するパラメータ情報を埋め込むのに多用される傾向あり

xxxxxにへ
アルファベット
ハイフン
アンダースコアなどか利用可能

例えば
htmlファイルで
<input type="text" class="valid length" data-length="30"/>
とすれば

Jqueryで
.filter('length').each(function(){
if($(this).val().length > $(this).data('length')){
というように判定に使える

今回なら
data-length属性で
文字列長検証て利用する
許可する最大の文字列の長さを設定している

このように
可変なパラメータと
イベント処理を分けておくことで
あとからコードが再利用てきる
つまり、ライブラリができる

data-xxxxxで指定した値は
dataメソッドで
data('xxxxx')
というようにして取得できる

data('data-xxxxx')
ではないので、注意

以下は検証パラメータの例
data-pattern
フォーマットチェックに利用する正規表現パターン

data-length
許可する最大の文字列の長さ

data-max
許可する数値の上限

data-min
許可する数値の下限

data-option
許可する候補リスト
空白区切りで指定する
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック