FC2ブログ

無線LANのキャプチャーデータを wireshark で見る場合

wireshark はパケット解析ならかなりの高性能です

ちなみに、最近 android アプリでもないかと調べています

無線LANハッカーの場合、wireshark はつかわず
別のツールを使うようです

理由は
wireshark は
キャプチャしたパケット解析にはすごい便利なのですが
無線LANの WEP解析の場合
パケットの中身ではなくて、パケットの数が重要とのことです

しかも解析したら、もうパケットは用済みで破棄します

もうひとつ、いきなりwireshark を使って行わない理由があり
いくら WEPでも
Airodumg-ng でデータを取得して
wireshark でみても暗号化されたままなので、そのままでは
内容をみることはできません

もともと、wiresharkは暗号クラックツールではないので

ただし、暗号キーが知られていると
話は別で、普通に通信内容が見られます

このことから、やはりWEPは危険なので使わないようにしましょう

スポンサーサイト



テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック