FC2ブログ

文字列操作関数

g_strdup()
文字列をコピーして新しく確保した領域へのポインタを返す

g_strdup-printf()
指定したフォーマットと、引数に与えられたパラメータにより
文字列を作成し、新しく確保した領域へのポインタを返す
sprintf()と同じ動きをするが、文字列用の領域を確保しなくてよい

g_strsplit()
文字列stringを、区切り文字delimiterで、
最大max_tokens個に分割する関数

g_new()
指定したデータ型struct_typeのメモリ領域を
n_structs分 確保し、
0 で初期化してその先頭アドレスを返す
この関数はg_malloc()のマクロとして定義されている

g_free()
マクロ g_new()などで確保された領域を開放する

g_strfreev()
g_strplit()などで確保された文字列の配列領域を開放する


詳しくは文字列ユーティリティ関数を参照してください
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック