FC2ブログ

IPv6 と DNSプロトコル

インターネットで通信を行うには
相手のIPアドレスが必須

URLからIPアドレスを引くためのシステムがDNS
これこそが現代のインターネットの根幹ともいえるものです

ちなみに、世界のルートDNSサーバーは
13台だけで
これが DDos攻撃でダウンすると、世界規模でのブラックアウト
つまりネット遮断が引き起こされます

DNSは、クライアントがルートサーバーから純に問い合わせていきます

基本的な動作は
URLをDNSサーバーにきく > IPアドレスを教えてもらう
です

サンプルをみてみると
DNSパケットの
Info のところで

query AAAA ntp.ubuntu.com
となっていますが

この
AAAA レコードは IPv6 で使われます

でもブロードバンドルーターがIPv6 対応していないと
無意味ですが...

最近のOSはubuntu でも Windows7 でもデフォルト設定で
IPv6を使っていますが
これはもうすぐ IPv4が枯渇するのが理由と思われます

でも、まだ正式には対応されていないため
もしトラフィックを抑えたいなら IPv6 は切っておく方がよさそうです

スポンサーサイト



テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック