FC2ブログ

パケットリストペイン

Wireshark そのもののインストールは難しくはないのですが
問題は、通常は使わないようなツールなので、理解しにくいということです

しかし、使えるようになると、いろいろとできます

まず、wireshark は1行が1つのパケットを示していて
色分けされています

色の意味は
view > coloring rules
で見ることができます

一番つかわれているHTTPは緑です

項目を解説すると
一番左から

No
パケット番号

Time
開始から何秒後にキャプチャしたかという経過時間

Source
パケットの発信元

Destination
パケットの送信先

Protocol
プロトコルの名前(たいていはTCP)

Lenght
パケットの長さ

Info
その他の情報

Noは、TIme に近いところに表示されるので少し見にくいかもしれません

今回は、ダウンロードしたファイルから
解析をしてみました

パケットをクリックすると
詳細情報が別のダイアログで表示されます

どのパケットでも上2行は同じ文句から始まります

Frame で始まる行は
イーサネットフレームについての情報を示します

パケットは
厳密に言うと
イーサネットを流れるデータの塊がフレーム

その中にあるIPが扱う塊がデータグラム

さらにその中にあるTCPやUDPの塊がセグメントとなります

ちなみに、+ボタンを押すと
より詳しい情報がみれます

Frame なら
送受信の時間
前のパケットとの時間差
パケット番号や長さが見れます

このFrame の行は
パケットリストペインの詳しいバージョンで
ここは Wireshark がパケットについて記録している部分になります


続いて
Internet II の行です

これはイーサネットフレームヘッダーの情報になります

そして3行目の
Internet Protocol Version 4
のところはIPデータグラムになります

User Datagram Protocol は
UDPセグメント

その下はアプリケーションのプロトコルになります

今回なら
Bootstanp Protocolで送られてきた内容になります
スポンサーサイト



テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック