FC2ブログ

phpMyAdmin でのバックアップ

今回は phpMyAdmin で SQLのバックアップについてです

phpMyAdmin へログインして
DBを選択して
エクスポートをクリックします

エクスポート方法の 詳細をクリックし
出力をファイルに保存する
になっていることを確認し
実行をクリックします

すると、
データベース名.sql
というファイルで保存されます


とりあえず、実際に復元できるかを実験してみます

まず、作成したDBを削除します

削除完了したら、今度は復元です

もう一度同じDB名で作成し
称号順序を
utf8_general_ci
を選択します

次に、インポートで、さきほど保存した SQLファイルを指定して
実行すれば、DBが復元できます

今回、参考にしたPHPの書籍


では
DBを復元する場合、手動で行う必要があるとかかれていましたが
Linux を使っているなら
sql ファイルをコマンドを使うことで実行することもできます

参考サイトとして
サーチマンさんのサイト
ファイルにsqlを書いて、そのファイルを実行する
に掲載されていましたので
Linux 環境ならこちらの方法での復旧もできます

また、phpMyAdmin では、環境にもよりますが
扱えるファイルの大きさに上限があるようなので、
コマンドによる復旧も覚えておいたほうがよさそうです

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック