FC2ブログ

ISW13HTの設定

ようやくバッテリーと
バッテリー充電機が到着したので
設定開始です

すでに
microSDも32GBのものを用意し
準備は万全です

まず設定そのものは
最初にIS04購入したときと同じように

au one ID

Googleアカウントの設定ぐらいです

追加で
メーカーのユーザー登録などが
でまずが、これはスキップしました

いくつかアプリの設定をしますが
個人情報取得関連は拒否しても
普通にスマートフォンは使えます

次に、テザリングとWiMAXの検証です

自宅では
イーモバイルが圏外のため
最悪の場合つながらないことも覚悟しましが
つながることができたので
一安心

新しく、IS04から
機種変して
アプリはどうなるかみてみました

どうやら最初からインストールしていくしかないようです

たたし、以前購入した有料アプリは
使用するGoogleアカウントが
同じなら
すでに支払いが済んでいるなら
そのまま使えますので
再度課金されません

あと、すでに機種変した端末でも
SIMカードを差し替えれば
使えますし

Wifi接続すれば
メールの送受信やインターネット閲覧はできます


たたし、通話はできません
SIMカードがささっていないと
上にエラーがでたままになります

また、Googleアカウントが重複するためか
エラーがでるので
一度ログインしないと
Gmailの送受信ができません

毎回パスワード入力は面倒なので
パスワード管理アプリ
keepassDroid
を使ってます

現在、サブバッテリー充電していますのて
テザリングの連続稼働時間もみてみようと思います
スポンサーサイト



ISW13HT 付属品について

昨日は購入した後、設定しようとしたのですが
充電ケーブルがすでに使い物に
ならなくなっていたため
新しく充電機とバッテリーの購入をすることになりました

バッテリーについては
まだ大容量バッテリーが発売されていないので
通常のものを購入しました

http://chitoma.exblog.jp/16082284/
にあるように
やはりショップでは置いてないようです

今回は
ヨドバシカメラのネットショップで
購入しました

Amazonで購入しようとしたのですが
取り扱いしていません

電池パック
au HTI13UAA
を2つ購入し

本体以外で充電できるように
充電機も購入しました

今回のバッテリー充電機には
QM-120WH
を購入
(まだ未検証です)

充電ケーブルですが
http://htcj.hajimete-no.com/%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b5%e3%83%aa/htc-j-isw13ht%e3%81%a7%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%ae%e5%85%85%e9%9b%bb%e5%99%a8%e3%81%8c%e4%bd%bf%e3%81%88%e3%81%aa%e3%81%84.html
で紹介されているように

au純正共通ACアダプタ 03
が一番無難そうなので
こちらを購入しました

あと、初期設定で
au one ID
が必要になります

明日以降にバッテリーが届く予定なので
続きはそれからになります

ISW13HTへ機種変

auの夏モデルが発売され
いくつか店舗で実機をためした結果
一番レスポンスの良いISW13HT
へ機種変しました

前回、ガラケーから
IS04へ機種変したとき
マシンスペックのみで判断し

キャリアメールが使い物にならなく
2011年6月のアップデートまで待ったり

android OS 2.1から
android OS 2.2にアップデートするとき
端末が初期化されたり

ガラケー向けのサイトが閲覧不可能になり
携帯のポイントサイトが使えなくなり

電池の消費が激しく
予備の電池パック購入したりと
いろいろ大変でした

今回は、そんな反省を活かし
まずはカタログでスペック確認して
店頭で実機で実験
使いたい機能が実際に使えるかまで確認し
ネットや雑誌で評判などもチェックしてから購入しました

ただ、残念なことに
念のため予備の電池パックも購入しようとしても
家電量販店では取り寄せになるといわれ
auショップても同様の回答でした

Amazonなどでも
まだ出ていないようなので
au のオンラインショップで購入
もしくは
ヨドバシや楽天といったネットショップで
購入したほうが効率が良さそうです

前回はガラケーからスマートフォンへの
機種変てしたが
今回は
スマートフォン同士なので
問題ないとおもったのですが
やはり端末か違うと問題もありました

電話帳のアドレスを
赤外線で移す予定でしたが

転送完了後、なぜか反映されていないので
今度は
microSDへ電話帳のデータをバックアップし、
それを新しい機体でインポートすることで
移すことができました

Edyについては
機種変のサービスをつかうことで
手数料が105円分のEdyを消費しますが
残りの残高を機種変後の機体へ移せます

ただし、機種変の前にやる必要があるため
注意しないと忘れます

なお、機種変後ですが
auのSIMカードを
もとのIS04に差せば
使うこともできますので
故障や電池がないときの保険としても
使えます

あと、毎月の割引ですが
これは機種変した機体により
割引額が変わるようてす

IS04は 1400円でしたが
ISW13HTは 1200円ぐらいでした

テザリングとWiMAX、
Android 4.0ということでいろいろ変わりそうなので
新しくインストールしたアプリの
紹介や
つまづいたところの解決方法なども
書いていこうと思います

jQueryとイベントバブリング

イベントのバブリングを止める
stopPropagation

jQueryてイベント処理するとき
覚えておきたい重要な性質
イベントのバブリング

これは
下の階層で発生したイベントが
上の階層まて自動的に伝搬していくこと

例えば
最下層のpタグで発生したイベントが
その上の
div
body
にも伝わること

これが起きていると
コードが意図しない動作するときかある

例えば
body
div
p
という構成で

pのところで
if(which===3){
....
}
とすると

イベントバブリングにより
$(document)
にも
mousedownイベントが適用され
コンテキストメニューが重複表示されてしまう

これは意図しない動作なのて
これを防ぐためには
e.stopPropagation();
を記述し
イベントバブリングを防ぐことで
正しく表示できるようになる

複雑に入り組んだページの場合
イベントバブリングに注意することが
重要

keypressイベント

keypressイベントは
キーボードで
キーが押されたときに発生するイベント

押されたキーの種類を
キーコードといい
これはイベントオブジェクトの
whichプロパティで取得できる


キーコードが48~57、または
45
8
0
のときは
キーの種類は
0~9と-、deleteなどの制御キーになる

このとき、
preventDefault()
で無効化すれば
keypress本来の動作を無効化するため
これを利用すれば
テキストボックスで
文字以外入力できないようにする

EditTextからテキスト取得

EditTextからテキスト取得

Androidでは
文字入力のビューとして
EditTextを使う

EditTextで
入力した文字を取得するには
getText

取得できる

でも、このままだと
CharSequence型で取得するため
getText.toString()
とすることで
String型でテキスト取得できるようになる

//EditText etInput =(EditText) findViewById(R.id.WallInput);
String message = etInput.getText().toString();

ベンチマークで効果確認

ベンチマークで効果確認

設定効果を計測するだけなら
ApacheBench
を使う

これは端末で
abコマンドを実行する

使い方は
ab -n リクエスト回数 -c 同時アクセス数 対象のURL

もし
wordpressでテストするなら
sb -n 200 -c 5 http://192.168.1.100/wordpress/
というようにする

ただし
ベンチマークの計測ツールは
サーバ本体ではなく
クライアントからにしないと

ベンチマークソフト自体が負荷をかけてしまい
実測値が実態にそぐわなくなるので注意

ベンチマークソフトは

GUIのものなら
jMeter
というものがある

こちらは複数ページのアクセスの再現も可能

jMeterの使い方については

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/apache2_02/apache02a.html
を参考に

キャッシュ効果の確認

キャッシュ効果の確認

まずは
メモリ使用状態をチェック
メモリ不足で仮想メモリへのスワップがないか確認

まずはシステム全体のメモリ使用量を
free -m
で調べる
-mをつけると
MB単位で表示され見やすくなる

確認するのは
Swap の used のところ
ここが0ならスワップは発生していない

Webサーバーとキャッシュ

Webサーバーとキャッシュ

Webサーバーの高速化で特に効果的なのが
キャッシュの活用

キャッシュは
あるページにアクセスを受けたとき
その内容を覚えておき
2回目以降は
高速に表示する仕組みのこと

wordpress
の場合
Webページを生成するのに

Webサーバー
Webアプリ
データベース管理システムなど
複数のシステムを連携され
データがやり取りされる

ここにキャッシュを使えば
連携の回数が減り高速化できる

例えば
HDDのデータ
コンテンツデータ
SQLデータ
をキャッシュすれば
wordpressのレスポンスを上げられる

SSOログイン

SSOログインについて

AndroidのFacebookログインは
SSOを採用

SSOは
シングルサインオン

これは1つの認証だけで

端末内の複数のリソースが利用可能になる認証機能のこと

Androidでは
公式Facebookアプリの
インストールの有無で動作が変わる

もし、公式Facebookアプリが
インストールされているなら
ログインのときには

ログインのときには
ブラウザのログイン画面ではなく
公式Facebookでのログイン画面になる
という仕組み

さらに
アカウント情報の入力も
公式Facebookアプリで
ログインしているなら
その情報を使い
自動でログインするようになる

逆に言うと
公式Facebookアプリが
インストールされていないと
アカウント情報は毎回入力
ログインするたび認証を求められる
という面倒なことに

このあたりは
Androidのアプリ連携と関係しているかもしれない

Androidアプリのパーミッション

Androidアプリのパーミッション

INTERNET
インターネット接続

CAMERA
カメラデバイスの利用

CALL_PHONE
電話発信機能を利用

READ_CONTACTS
電話帳のデータにアクセスする

READ_CALENDAR
カレンダーのデータにアクセスする

WRITE_EXTERNAL_STORAGE
SDカードなとの外部ストレージに
データを書き込むのに必要

ほかにもいろいろあるので
ここにあるのは
その一部

これを設定しないと
アプリが正常に動作しないので注意

Androidのビューの変更

loginボタンの状態の変更

状況に応じてビューの表示をへんこうするなら
findViewById
で変更対象のIDを指定し
インスタンスを生成する

ビューよラベルを変更するなら
setText
で文字列をセットすれば
ラベルが変更される


テキストビューに文字列をセット

TextView textView=(Button)findViewById(R.id.textView);
textView.setText("hoge");

Facebook接続情報の確認

Facebook接続情報の確認

Facebookがセッション情報を保持しているか確認するには
isSessionValid
を使う

Facebook機能にアクセスする際
事前に
isSessionValid
を使えば
ログイン認証が必要か判断できる

これにはifを使う

if(facebook.isSessionValid()){
正ならセッション情報を保持

}else{
負ならセッション情報を保持してない
}

ubuntu12.04 fnロック解除

ubuntu12.04を使っていて
突如
fnキーがonのままとなり
かなり手間取りました

解除するには
num lkキーを押すことで
解除されました

参考サイトは
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=10769
です

検索キーワードは
fn ロック解除 ubuntu
ででました

ResponseListenerのリクエスト一覧

ResponseListenerのリクエスト一覧

onComplete
ログイン認証が完了したとき呼ばれる

onFacebookError
Facebookの応答エラーが生じたときに呼ばれる

onFileNotFoundException
要求されたリソースが存在しない
もしくは無効な場合に呼ばれる

onMalformedURLException
無効なgraph pathが渡された場合に呼ばれる

onIOException
ネットワーク
もしくは
リクエストエラーが生じたときに呼ばれる

ログアウト処理を実装

ログアウト処理を実装

Androidアプリでの
Facebookアプリの

ログアウト処理は
非同期処理でFacebook機能を利用できる
AsyncFacebookRunnerクラスの
Logoutメソッドをつかう

パラメータにセットされている
RequestListenerには
リクエスト結果が返ってくる

Facebook接続情報をアプリへ保存

Facebook接続情報をアプリへ保存

取得したFacebook接続情報をアプリへ
データとして保存すれば

次回起動のときに
ログイン認証なしで
ローカルでFacebook接続情報を読み込んで
Facebook機能にアクセスできる

Androidでは
アプリにデータを保存、読み込みするときに
SharedPreferenceクラスを使う

Sharedpreferenceは
共有設定という意味

保存できるデータは
数値
文字列
BOOL型など

Facebook接続情報を保存するには

Editor editor = mPrefs.edit();
editor.putString("access_token",mFacebook.getAccessToken());
editor.putLong("access_token",mFacebook.getAccessExpires());
editor.commit();

Facebook接続情報を読み込むには
String accessToken = mPrefs.getString("access_token",null);
long expires = mPrefs.getLong("access_expires",-1);
}

Facebook接続情報のセットは
mFacebook.setAccessToken(accessToken);
mFacebook.setAccessExpires(expires);

onActivityResult()のパラメータ

onActivityResult()のパラメータ

requestCode
どの画面の
どの処理から送られてきたかを見分けるためのコード

resultCode
遷移前の画面で
setResult
を使って設定した値か入る
値は
RESULT_OK
RESULT_CANCEL
など

ちなみに
setResultは
終了コードをセットする時に使用する
これは
遷移先に
どういう処理を行ったかを判断するとき
に使う 
data
結果データが入る

onActivityResult()で
渡されたFacebook接続情報は
authorizeCallback
を呼び出すことで
Facebookインスタンスに
セットされる

コードにすると
mFacebook.authorizeCallback(requestCode,resultCode,data);

DialogListenerのリクエスト一覧

DialogListenerのリクエスト一覧

onFacebookError
Facebookの応答エラーか生じた場合に呼ばれる

onError
認証処理でエラーが生じた場合に呼ばれる

onCancel
ログイン認証を
キャンセルした場合に呼ばれる

fbDidLogout
ログアウトしたとき呼ばれる

AndroidでFacebookログイン認証

ログイン処理実装メモ

Androidアプリで
Facebookの認証をするには

1.パーミッションをセットし、ログイン認証を呼び出す

2.認証が成功したら
onActivityResult

アクセストークンなどの接続情報を取得

3.Facebook機能にアクセスできるようになる

という流れ

ログイン認証には
authorizeメソッドを使う

パラメータには
パーミッションをセットできるので
必要なパーミッションをセットする

DialogListener
には
ログイン認証のときの
クエスト結果か返ってくる

Facebookクラスの初期化

Android
ネイティブアプリ作成のメモです

Facebookクラスの初期化

Facebookクラスの初期化は
パラメータに
Facebook Developersサイトで取得したアプリIDをセットすれば
インスタンスが生成できます

インスタンスは
クラスから
オブジェクトを生成し
出来上がったデータのこと

ソースにすると
private static final String APP_ID ="アプリID";
private Facebook mFacebook = new Facebook(APP_ID);

というようになります

jQueryのone()について

イベントに応じて一回だけ実行する
one()

イベントに対して1回だけ実行したいなら
one()を使う

構文はbind()と同じ

ちなみに以下はone()の構文

$(セレクター).one(イベント名,function(e){
処理する内容
})

使い道はクイズアプリとか

問題に対して回答すると
正確、不正解がダイアログで表示されるというようなものに使用

ちなみにone()で定義しているなら
回答は1回しかできない

hoverメソッドについて

jQueryの知っておきたいメソッド

mouseover
mouseout
をまとめれるhover()

hover()を
使えば
mouseoverとmouseoutをまとめれる

もともと、マウス操作のイベント処理するなら
この2つは書くことになるため
省略化できるのはありがたいと思う

hover()の構文は

$(セレクター).hover(
function(){
マウスを乗せたときの処理
},
function(){
マウスが離れたときの処理
});

hoverメソッドについて

jQueryの知っておきたいメソッド

mouseover
mouseout
をまとめれるhover()

hover()を
使えば
mouseoverとmouseoutをまとめれる

もともと、マウス操作のイベント処理するなら
この2つは書くことになるため
省略化できるのはありがたいと思う

hover()の構文は

$(セレクター).hover(
function(){
マウスを乗せたときの処理
},
function(){
マウスが離れたときの処理
});

イベント処理の無効化

イベント処理の無効化

bind()
click
mousemove
などでイベントに関連付けした動作は
unbind()
で消せる

大抵の英語は
dis
とか
un
とかが付くと、打ち消す意味になる

例えば
enableなら有効
disableなら無効化

unbind()の構文は
$(セレクター).unbind(消したいイベント)
となる

ubuntu 12.04 LTS のインストール

よていどおり、ubuntu 12.04 LTS を
ドスパラで購入した

Prime Note Altair F-5E

インテル Core i7-3517U
(デュアルコア/HT対応/定格1.90GHz
/TB時最大3.00GHz/L3キャッシュ4MB)

のほうで実験しています

メモりがすでに8GBあるため
64bit でのインストールとなります

まず、最初に通常ならDVDドライブをあければ問題ないのですが
開けるボタンが見つからないため、
とりあえず普通に windows7 を起動します

初期設定はすべて次へすすめて
シリアルナンバーは入力せずにすすめます
(どのみちubuntu インストールで削除されるので)

すでに、購入したときにインストール用の
windows7 インストールDVDがあるため
もし失敗しても、リカバリ領域からではないので
復旧できる見込みがあるため、ある程度のリスクはとれます
(実践するときには自己責任でお願いします)

windows7 セットアップ完了後
DVDドライブを開くため、DVDドライブのアイコンをダブルクリックし
ディスクトレイがでたら、作成した
ubuntu インストールDVDを入れて
あとは再起動

これで、再起動したときに ubuntu が始まります
もし始まらないなら、最初の立ち上がりの画面で F2 をおせば
セットアップの画面になりますので、これでもできます

途中で気をつけたのは
構造がSSD+HDDという構造のため
インストール先を SSD にしました
デュアルブートでもできますが
基本的に windows 7 を使うことがないため
完全に領域を削除しました

インストール時に、今回はホームディレクトリ暗号化を行いましたが
これが原因か、かなり時間をとられました

とりあえず初期設定として
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install keepassx
でインストールし

keepassX のデータはいままで使っていたPCから
scp コマンドで転送

今回の購入したマシンは Android アプリ開発、
マッシュアップの学習関連に使う予定です

持ち運びがおおそうなので
当面は XAMPP でテスト環境にしようと思います

HDDの領域についてはまだ設定していないため
のちのち必要に応じ設定していこうと思います

Ubuntu 12.04 LTS を導入したらまずやることまとめ

Ubuntu-12.04 64bit版での Android ビルド環境

「Xampp」でサーバのテスト環境を。自宅サーバ、イントラネット・サーバとして活用

あたりを参考に、設定を行っていきます

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

ubuntu 11.10 からの端末設定

ubuntu 11.10 64bit にして悩んでいたのが
端末の Alt + b と Alt +f が使えなくなっていたことでした

これを解決できたのでメモしておきます

まず、
Ctrl + Alt + b
で端末を起動します

次に
F10 をおしてメニューを出します

編集 > キーボードショートカット
を選択して

メニューのアクセスキーを有効にする
のチェックを外します

Screenshot-2012-07-14 19:32:09


これで、ubuntu 10.10 のときのように
端末で使えるようになります

今回は
ubuntu ctrl+b
で検索し

How To Fix alt-b in Newer gnome-terminal
を参考に行いました

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

jQueryで利用できるイベント

jQueryで利用できるイベント

イベント名と発生するタイミングについてのメモ

click
要素をクリックした

dbclick
要素をダブルクリックした

mousedown
マウスのボタンを押した

mousemove
要素の中をマウスポインターが移動した

mouseout
要素からマウスポインターが離れた

mouseover
要素にマウスポインターがあたった

mouseup
マウスのボタンを離した

keydown
キーを押した

keypress
キーが押されている

keyup
キーを離した

blur
要素からフォーカスが外れた

change
要素の値(input select textareaなどの)を変更した

focus
要素にフォーカスが移った

select
テキストボックス、テキストエリア
のテキストを選択した

submit
フォームを送信した

load
ページや画像、フレームを読み込んだ

resize
ウィンドウのサイズを変更した

scroll
ページや要素をスクロールした

unload
ページをアンロードした

error
画像の読み込みに失敗した


たぶん、一番使うのは
マウス関連のイベント

ページの読み込みとイベント

ページの読み込みとイベント

ページの読み込みもイベントになる
じつは
よく使う
$(function(){
実行コード
});
という書き方は

ページを読み込まれたタイミングで
コード実行という意味だった

そして、これは実は省略した形で
正確には
$(function(){ ... });

$(document).ready(function(){
....
});
となります

$(document)

document

ブラウザーに表示されるページを表す
Java script のオブジェクト

これを
$()
で囲むことで
ページそのものを表す
jQueryオブジェクトになります

そして
ready()

これは
ページの読み込み準備完了したら
処理実行という関数

function(){ .... }

Java script での
処理の塊を表します

cとかJavaをやっていると
スコープの概念があるから
わかりやすいかも

マウスポインタの出入りのタイミングで処理実行

マウスポインタの出入りのタイミングで処理実行

マウスが重なったら実行するというなら
mouseover()
を使います

逆にマウスポインタが外れたとき
処理実行するなら
mouseout()
を使います

mouseover()

mouseout()

ほとんどの場合対になる

なぜなら
mouseover()
で実行した処理を
mouseout()
でもとに戻すから

使い方は
$(セレクター)
.mouseover(){function(){
マウスを乗せたときの状態
})
.mouseout(){function(){
マウスを離したときの状態
});
});

となります

最初の
マウスを乗せたときの処理で ; がないのは
メソッドチェーンを使っているからです
最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック