FC2ブログ

格付け会社の判断基準についての 疑問

最近、格付け各社の判断基準には、かなり疑問を持っています

サブプライム債権、
財政赤字によりPIIGSと呼ばれるスペインの格付けがAAAだったり、本当に何を基準にしているかが疑問です

基本的に私は格付け各社のランクは気にしないのですが、
最近は少し考えみることにしました

もし、格付け各社の判断と、現実の状態に乖離があるならば、そこには利益がでるはずですから

いまだに金融危機の根元は解決しないままです

この乖離率が利益を生み出す鍵になりそうです

これと同じく、財務諸表を読みこなし、経営状態を把握できるならば、ジャンク債権や、株式市場でも利益がでるのではないのでしょうか

企業分析、経済をするときに
資金の流れ、収益の仕組み、需要と供給のバランス、
そして、その状態が
需要 > 供給
なのか

需要 < 供給
なのかを把握できると、タイミングをつかめるのでは?
と思います

格付け各社の判断よりも、自分なりの視点でより分析するほうが重要のように思えます
スポンサーサイト



損切りの練習

昨日は予想外の展開となり、損切りとしました

ここ数年間、損切りに躊躇がなくなりつつあります

理由は、負けたら取り返せばいいかな
と思えるようになってきたからです

FXを始めたときは、
損切りに非常に抵抗がありました

やはり、自己資金が減るのは気分がよくないし、
負けを認めるのは抵抗もあります

しかし、取引の機会を失ったり、大きな損失を繰り返すよりはよほどマシです

以前は
どうしても、自分の場合、
損切りができませんでした

そこで、1000通貨で取引したのですが、
やはり連続して損失を出した場合、
トータルでかなりの資金がなくなります
私の場合、損切りができないのは
損をしたくなかったというのもありますが、
一度損失をだしてしまうと、次に取り返すことができないのでは?
という不安がありました

こういった不安を解消するため
バーチャルトレードをしていて考えたのが、

あえて意図的にマイナスにし、3ヶ月以内にプラスまでいけれるかを実験してみました

途中、何度も実際の資金でやることも考えましたが、
練習で利益がだせないなら、本番で勝てるはずがないとわりきり、バーチャルトレードのみにしました

これを繰り返すことで、この不安感を少なくすることができました

スペインの銀行 国有化

先週
スペインの中央銀行が
同国の銀行を救済するため公的管理下においたことで
スペインの財政負担が増加するとの憶測から欧州への信用不安も高まり
米国株が下落すると
国債相場へ逃避買いが優勢になりました

金融危機の前兆になると、安全資産と思われる債権に資金がまわります

ただ、債権はデフォルトリスク
そして長期間資金を動かせないため、
効率としては微妙ですが

MySQL でユーザ登録

データベースサーバー構築(MySQL)
を参考にしながら、MySQL の勉強

ちょっときになったことがあったので
メモ

grant all pvirileges on test.* to ユーザ名 identified by 'ユーザのパスワード'


testデータベースのすべてのアクセス権限をもった新規ユーザを登録

ということになるらしいです

ただ、最初に不要なアカウントが多いうえに、パスワードなしという状態なので
ここはいらないユーザアカウントを抹消することにしました

そこで
パスワードの設定と不要ユーザーの削除
を参考に

delete from user where password='';
を実行し
パスワードのかかっていないアカウントを削除しました

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

PHP の勉強

Web サーバーを構築し、FON でいろいろなところで
アクセスできる便利システムを作りたいので、PHPを勉強中

参考になりそうなものは、書籍、サイトをとわず勉強に活用

現在、買ってみた本として、参考になりそうなのは






の2冊です

MySQL と組み合わせて、PHP を使うと
かなりおもしろいものができそうです

いま、流行中の Twitter なども組み込んでいければ
と思っています

ちなみに、Twitter の API も本で出ています


テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

米中戦略 経済対話

中国の北京で25日に、米中戦略 経済対話が開催されるようです

注目点は、人民元切り上げの可能性と思われます

まだまだリスク回避の動きは収まらないでしょう

今回、ドイツ議会において、ユーロ支援法案か上院、下院ともに可決されました

しかし、肝心のギリシャに対しては、
まだまだ問題山積みです

かつて、ロシアが破綻したときには、破綻前にIMFからの支援を受けました

しかし、その後デフォルトになったようです

残念ながら、ギリシャも再建のメドがたたない以上、
デフォルトの可能性を考慮しておいたほうが無難です

そして、金融危機で思い出しましたが、
ユーロ圏のレバトリによるユーロ高が起きる可能性があります

iPod へ MP3 を転送する方法

iPod に MP3 を転送する方法です

[itunes]mp3をipodに転送する方法

が画像入りで参考になります

一番使い道がありそうな用途は、オンラインセミナーなど
MP3でのファイルをiPod へ転送したり、
いろいろと活用できそうです

そういえば、iPod を買ってから
音楽しか聞いていなかったような気が....

テーマ : Apple
ジャンル : コンピュータ

vi の使い方

現在、Web サーバの勉強中です

LAMP 環境を構築し、Twitter などの API をつかって
なんらかのサービスを行ってみようと思います

サーバの設定は、基本的にコマンドで行います

一番面倒に感じるのが、おそらくは vi などの端末作業ではないのでしょうか

そんなとき
viの使い方
というサイトをみると、参考になります

端末は、Windows 使用者の場合、とっつきにくいかもしれませんが
なれるとかなり楽です

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

Re:

またしても、スイスが介入しました

さらに、介入に制限はないとの発言により、さらに上昇

なんか最近はスイスがやたらユーロに介入してます

対ドルでは、ドル高スイスフラン安なため、ドルに対しては介入してない模様

資金が流れ込む欧州と関連してるのかもしれません

豪ドルの暴落は、リーマンショック以降
経済が回復しつつあるオーストラリア

中国の通貨に対しロングポジションかたまっていたため
、ヘッジファンドに目をつけられたようだようですね

人民元をコントロールはできませんが
ロングポジションが多かった
豪ドル/ドルに売りを仕掛ければ
ある水準を超えればストップロスを巻き込み、暴落を開始するからでしょう

昨日は、一時的とはいえ4~5円暴落

さて、今回のドイツ議会の結果によっては、
もしかしたらLTCM破綻のときに近い極端な円高も考えておいたほうがいいかもしれません

ちなみに、LTCM破綻のときには、約30円円高だったような・・・・

明日のドイツ議会に注目

明日21日のドイツ議会にて、ギリシャ支援が承認されるかが
ポイントです

承認されず
急落した場合、介入の可能性がありますが、
このときは今までにない
パニック相場になると思います

また、ギリシャだけでなく、まだまだ欧州には爆弾があります

PIGS
P ポルトガル
I アイスランド
G ギリシャ
S スペイン

だけでなく、
最近では

STUPID もあるとか

S スペイン
T トルコ
U イギリス
P ポルトガル
I イタリア
D ドバイ

だったはず

金融危機に対する
恐怖感が増大してます

明日は週末になりますので、無理のないスタイルで取引しましょう

強まる金融規制

詳細は明らかにされてませんが
ドイツ政府により、国債、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の空売りに関する規制を導入するようです

ドイツの主な金融機関10銀の株式とユーロ圏国債のCDSを対象に空売りを禁止
とのこと

これだけなら
暴落の引き金にはならなかったと思いますが、
問題は金融取引税

これを入れてしまうと、一気に資金流出しそうです

一番懸念されるのは、
日本も便乗して金融取引税を実行してしまうこと


そうなると、かなりの資金が日本からなくなる危険があります

ストップロスとショートカバー

ここ最近は、
ユーロの対ドルでの暴落が目立ちます

まぁユーロそのものに対する不安からによるものと思われますが

こういうとき、思わず便乗して売りたくなりますが
暴落中に売るより
反動でもどったときに売るほうが無難です

大抵の場合、ストップロスを巻き込んだときには暴落しますが、ショートカバーにより必ずといっていいほど反転します
下げているときに、便乗してしまうと、
下げからの反転によりロスカットされる可能性が高くなります

クロス円を使うなら
対ドルとドル円の数値に要注意です

クロス円はメインはドル円に影響しますので、まずはドル円がどちらに動くかを見ます

次に、対ドルの動きを見ます

値動きが乏しく、その日の最安値付近ならば、売りは控えます
逆に、極端な下げならば、反転を狙うときに買いを仕掛けます

ただし、ショートカバーはあくまで一時的なもののため、利益がでた時点で利益を確定したほうが無難です

IPTraf

IPTrafのinstall
$ wget package名
$ tar xzvf package名
$ cd 解凍したfile/src
$ make
$ su
# make install

-----------------
networkのモニタリング
installが完了したら、rootでiptrafを実行
最初に表示される画面では、適当なキーを押す
すると、操作画面がでるので、調査したいメニューを選んで実行できる
以下は、IPTrafのメニュー内容
-----------------
IPTraf のnetworkメニュー
IP traffic monitor
iptraf -i interface名
っ実行
IP-trafficの監視をする
画面上部にTCP-trafficがprotocol/接続先ごとに表示される
下部には、それ以外のpacket情報が表示される
interface単位での監視も可

General interface statistics
iptraf -g
で実行
network-interfaceごとのtraffic監視をする
interfaceを通過するpacket数が集計される
1秒間に何KBのtrafficが発生したか表示

Detailed interface statistics
iptraf -d interface名
で実行
各protocol(IP/TCP/UDP/ICMP)のtrafficをinterfaceごとに監視する
受信/送信ごとの統計、error数も表示

Statiscal breakdowns
iptraf -z interface名
で実行

LAN station monitor
iptraf -l interface名
で実行
MACアドレス単位でpacketの受信/送信を表示する
Kbit/sec 単位での統計で表示

Filters
表示内容を絞り込む
FilteringはIP-アドレスとpopt番号でする
このIPのこのpoptのpacketは表示しないというように設定

Configure
IPTraf の動作設定をするためのメニュー
-----------------
例えば、IPやUDPなど各protocol単位でのtrafficを監視するなら、Detailed interface statistics を選択し、eth0 を選択する
これで監視開始

すると、画面の上側に、各protocolごとのpacket数が表示される

Total rates に全体のdata転送量が表示される

また、受信packetは、Incoming rates の下段、
送信packetは、Outgoing rates の下段
に表示される

受信data量は、Incoming rates の上段、
送信data量は、Outgoing rates の上段
に表示される

多少の誤差ならば、問題ない

IPTraf の監視画面を終了するには、
x または q を押す
ちなみに、IPTraf を実行するときにoptionをつければ、管理画面を出さなくても 監視はできる
script にすると便利かも

-----------------
IPTrafの設定
IPTraf の動作設定は、Configure からする
ちなみに、設定項目にある Force promiscuous mode をOn にすると、IPTrafが動作するmachineだけでなく、LAN に流れているすべてのpacketをモニタリングできる
また、Logging をOn にすると、監視内容をlogに記録する

IPTraf をbackground で動作するには、iptraf に -B をつけ、さらに-t で監視時間を指定し 実行する
例えば、eth0 を10分間監視するなら、
# iptraf -B -d eth0 -t 10
となる
最初のほうの-B はbackgroundを指定し、
-d eth0 で監視interfaceを指定
-t 10 で10分間 という意味になる

この監視結果は、/var/log/iptraf に作成されるlog-fileに記録される

-----------------
IPTrafの主な設定項目
Reverse DNS lookups
On にすると、IP アドレスがDNS に登録されているhost名に変換されて表示される
モニタリングに支障がでやすいので、Offにする

TCP/UDP service names
Onにすると、TCP/UDP のport番号が /etc/services の内容に従いservice名で表示される
これもOffがいい

Force promiscuous mode
On にすると、interface設定がプロミスキャスモードになる
つまり、LAN全体の監視ができる
プロミスキャスモードは、interfaceが受信したすべてのpacketを受け取る状態のこと

Color
Onにするとカラー表示になる
Off だとモノクロ

Logging
Onにすると、各監視内容がlogとして保存される

Activity mode
trafficを KB/sec、Kbit/sec のどちらかにするかを設定

Additional ports
監視対象とするportを追加
単一のportでも、
範囲のあるportでもよい

Delete port/range
追加した監視対象portを削除

今週のユーロに注意

最近のユーロ圏の状態をみると

ユーロ比率の見直しを図る国が出てくるかもしれません

実際、ロシアがユーロの外貨準備比率を引き下げる一方、ドルの比率を上げている
という一部報道もあります

外貨準備比率の見直しのような取引では、レートの上下に関わらずユーロ売りになりますので

そうなれば
ユーロはさらに下がる可能性があります
ユーロ圏の問題は
財政問題なのですが、
残念ながら具体的解決策がないと思います

もともとPIIGSは、
赤字体質ですし、

今回、仮に融資してもらっても、返済ができるかは微妙です

今週のユーロに注意

今週は、ユーロ圏で国債償還があります
ここで考えられるのが、デフォルトの噂です

ギリシャの国債償還が無事に終わらないなどの噂がながれる可能性もあります

突発的な値動きに注意しましょう

再び起きそうな金融危機の兆候?

ドル不足が深刻化、欧州財政危機が金融危機に転化する兆候
という記事を読んで、以前おきたリーマンショックのときを
思い出しました

あのとき、スワップ金利が逆転するという状況になりました

原因は短期金利の異常なまでの上昇です

スワップ金利は、基本的には政策金利ではなく
短期金利を元に算出されます

しかし、ドル不足になると、ドルの需要が高まります
これだけなら、そこまで問題ないです

ドルが買われるだけですから

問題は、金融危機状態での場合です

どれだけいわれていても、決済に使われる通貨はドルです
当然、決済にないと支払いができません

そこで、ドルを用意する必要がでてきます

とにかく、手持ちの資産を売却してでもドルを確保するようになります

おもに、株式を売却したり、手持ちの金を売却するという
ことで資金調達をすることになります

そうなる前に、通常は借り入れなどをするのですが
金融危機の時には、疑心暗鬼になり、デフォルト回避のために
貸し渋られます

そして、リスクの高い融資には、当然高金利をつけます

たしか、日本が金融危機になった1998年は、
ジャパンプレミアムとかいって高金利にされたような記憶があります

これと同じようなことがサブプライム問題のときにおきました

結果、ドルの短期金利は上昇し、スワップ金利が異常な値になりました

最近は対ドルでドル高になっていますが、実際にはこういった背景があったのかもしれません

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

いつかみたような相場

つい最近、大幅な円高になりました

NYダウは一時1000$を超える下げ幅とのこと

まぁ1000$下げた要因は、発注ミスらしいですが

そういえば、過去にジェイコムの株の誤発注というものがありました

今回の下げたときの要因はいろいろとあるようですが
やはり、ギリシャの問題は解決されそうもないような気がします

以前、ロシアでデフォルトしたときにも、一時はIMFやいろいろな国から
支援がありましたが、結局はデフォルトでした

同じ状況になってしまうとは限りませんが、原因と対策が
できていない限り、結局は同じことの繰り返しでは?
そう思っています

ユーロに加盟している国には、まだポルトガルやスペインといった
国がどうなるか?
こういった懸念材料があるため、一時的反発があっても、
再度きつい下げがくることを考えたほうがよいと思います

かつて、2007年にポンドは250円まで上がっていましたが
リーマンショックの後、230円程度まで下げました

その後、ドル円が下げているときに、対ドルレートでの
上昇が続き、そこまでひどい結果にはならなかったのですが

今度は対ドルレートで下げてきたため、クロス円は全般として
暴落しました

クロス円は、所詮派生レートで
対ドルレート x ドル円 
の計算式ででています

このため、ドル円の値動きを強く受けますし、
対ドルレートの大きい通貨は、その分影響を受けます

過去の状態では、NZドル、豪ドルは対ドルはそこまで大きくなく
比較的安定した値動きでしたが、ここ数年間の対ドルでの
上昇により、かなり大きく動くことになりました

以前、私の知人で
1$=100円が適正という人がいましたが
それは本人の思い込みです

そして、為替レートが大幅に円高になっても
世界が崩壊するわけでもありません

もっとも大きな変化はおきるでしょうけど

かつて、ルーブルはデフォルト後、通過は1/4になりました
ポンドは、ソロス氏率いるファンドにより
100円以上下げました

適正な通貨レートというものは、
あるようでないものです

レバレッジを下げて3倍にしても、ロスカットはされます

これから、いろいろな金融危機の材料はでてくると思いますし
いずれ中国のバブルも崩壊すると思います

金融危機は、必ず前兆があるようです
サブプライムが本格化する前、その好景気が何により
もたらされているかを探るようにすれば、危機回避ができるかもしれません

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

Filezila

WindowsからFTPサーバーへ接続(FileZilla)
を参考に、FileZila をダウンロードしてみました

インストールのときのやり方、設定については
FTPサーバの構築(FileZilla編)
を参考にしました

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック