FC2ブログ

java の implements



を参考に、web api の勉強をしています

今回、途中で


OnclickListener を記述するときに
Activity のところで
public class MainActivity extends Activity

public class MainActivity extends Activity implements OnClickListener
にしないとダメ

ということがあったので、 「implements 意味」
と検索してみました

interface,extend,implementのちがい

implements
をみたかんじでは

C++でいう継承機能のようです

ただ、継承は extended でもできるのですが
こちらの場合、インターフェースの継承につかうようです

スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

java の解説

Android プログラミングを行うときに
java の知識が必要になります

すこし用語にもなれておきたいのでメモ
(自分なりの解釈をつけてみました)

スーパークラス
プログラム(クラス)を作成するときに
既存のクラス機能をすべて引き継ぐことができる
この引き続くクラスのことを
スーパークラスという

extends Activity
という部分があるけど、これは
Activity というクラスを引き継ぐという意味

extends は引き継ぐとか、継承するという意味らしい

Activityは、画面を制御する機能をもったクラス

例えるなら
windows xp を windows 7 に継承すれば、
XP 機能が使えますというようなかんじです


オーバーライド

@Override
でかかれている部分
意味は
継承したクラスで、もともとの機能を書き換えること

例えるなら、
windows パソコンを Linux パソコンに書き換える
みたいなかんじで

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

ユーザ環境変数とシステム環境変数について

よく java 関連のサイトを調べていると
java をインストールしたあとに、環境変数のパスを通すことがあります

この環境変数を記述するところですが
けっこう参考書やサイトによって異なっています

では、この環境変数を記述する場所の

ユーザ環境変数

システム環境変数

この2つの違いは何か?

ということですが、

簡単にいてしまうと
ユーザ環境変数は、現在ログインしているユーザのみ適用

システム環境変数は、全ユーザに適用

というかんじです

ユーザー環境変数とシステム環境変数

にそのあたりの詳しい説明が載っていました

ふだん、パソコンは1人1台というかんじで使っていると
思われますが、
Windows XP 以降は多数で使うように作られていますので
こういった作業が必要になります

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

fedora13 へ java 開発環境導入

fedoora13 へ java 開発環境をインストールしてみました

参考サイトは
fedora9 で java 開発環境導入
を参考にしました

まず
Download Java SE Development Kit 6u20 for Linux, Multi-language
から
jdk-6u20-linux-i586-rpm.bin
をダウンロード

cd Downloads/
でダウンロードしたディレクトリに移動

chmod a+x jdk-6u20-linux-i586-rpm.bin
でファイルに実行権限を付与

./jdk-6u20-linux-i586-rpm.bin
でインストール開始になります

途中でインストールの yes / no を問われますので
yes
を入力すれば、インストールされます

この後に、
java -version
javac -version
でインストールされているかが確認できます

次に Tomcat のインストールを行ってみようと思います

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

ubuntu 9.10 へ java をインストール

ubuntu 9.10 に java 開発環境をいれてみました

参考サイトは
Ubuntu 9.04 に JDK をインストールする
です

sudo apt-get install sun-java6-jdk sun-java6-jre
を実行してみたのですが、すでに新しいバージョンがインストールされているようなので、

sudo /usr/sbin/update-alternatives --config java
を実行して、使用する java を変更してみました

実行すると
There are 2 choices for the alternative java (providing /usr/bin/java).

Selection Path Priority Status
------------------------------------------------------------
* 0 /usr/bin/gij-4.4 1044 auto mode
1 /usr/bin/gij-4.4 1044 manual mode
2 /usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java 63 manual mode

Press enter to keep the current choice[*], or type selection number:
となりますので、2を入力します

これで、java -version を実行すると

java version "1.6.0_20"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_20-b02)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 16.3-b01, mixed mode, sharing)

となります

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック