FC2ブログ

fc2ブログの内容を wordpressへインポート

wordpress をインストールしてみたので

fc2 wordpress 移行
で検索して

http://miyearnzzlabo.com/archives/238
を参考に引越ししてみました

なお、移行先は
http://wp.developapp.net/
となります


まずFC2ブログのデータのバックアップ

これは
ログインして
ツール > データのバックアップ
これで、どこまでバックアップするか選択するので
すべての記事をダウンロード

すると、テキスト形式でダウンロードされるけど
これは記事だけで、画像は別
画像データなどは
一番したのほうに
あるけど、一発でダウンロードはできない

さすがに1つずつでは面倒なので
ファイルのリンク先
から
wget で * で一気にやろうとしたけどエラー

このため
http://d.hatena.ne.jp/DarkOrcale/20060822/1156214130
を参考に
vim でダウンロードリストを書いた
download.list を作成
(中身はURLを書いただけ)

これを
wget -i download.list

一括ダウンロードすることに成功

とりあえず、これで記事、ファイルともに揃ったので
次に wordpress の設定

まず、サーバーへSSHでログイン

次に、ディレクトリ作成のため
mkdir /var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/uploads/imgs

としたけど、許可がないと言われるので
su で管理者権限となり
再度作成

このままだと root 所有者なので
cd /var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/uploads/
chown nobody imgs/
で権限変更

次に、また ubuntu に戻り、ファイルの変更

ブログの記事をダウンロードしているので
ファイルのリンクがすべてブログのURLになっている

これを変更する必要がある

まずは、画像ファイルをアップロード

SFTPで転送するけど
ポートが変えてあるので
http://d.hatena.ne.jp/rdera/20080901/p1
を参考に
sftp -oPort=ポート番号 ユーザ名@パスワード
で接続

次に、まとめてファイル転送
FileZilla でやろうとしたけど
ファイルが230もあり面倒なので、コマンドですませることに

http://cns-guide.sfc.keio.ac.jp/2004/2/6/3.html
を参考に
mput で複数ファイルを転送できるので

ファイルは、まとめておきたいので
作成しておいたディレクトリ frc2bacl に移動
cd fc2bacl/
そして、転送
mput *.png
で転送

とりあえず、
ここから再度コピーしようとしてもエラー連発
http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A4%89%E6%9B%B4
によれば
wp-content のパーミッションは
755 か それ以上にするとのこと

cp: cannot create regular file `/var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/uploads/imgs/wiresharks.png': 許可がありません
とでてくるので
かたっぱしから chmod 777 にしていたけど
最終的には
cp *.png /var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/uploads/imgs/
でできたときに
images だけ 777 にすればよいことがわかった

で、一番面倒そうなURLの変更

http://blog-imgs-37.fc2.com/h/e/b/heberekemaruhunihun/

http://blog-imgs-37.fc2.com/h/e/b/heberekemaruhunihun

これを自分のWPのURLに変更する

つまり
http://wp.developapp.net/wp-content/uploads/imgs/
とすればOK

念のため、変更するまえに
ファイルをバックアップしておく
cp heberekemaruhunihun.txt heberekemaruhunihun.txt_bk

これで、失敗しても安心



置き換えは gedit でやる予定だったけど
文字を読み込んだら文字化けしたので
Geany で置き換え

これで、ようやく記事のインポート

wordpress のダッシュボードで
ツール > インポートで
http://miyearnzzlabo.com/archives/276
を参考にインポート

FC2ブログはMovable Type(MT)形式のデータなので、[ツール]⇒[インポート]で、[Movable Type と TypePad]を選択

しかし、Movable Type and TypePad Importer 0.4
が必要とのことなので、画面の案内にしたがい
インストール

プラグインを有効化し
『参照』ボタンを押して、FC2ブログからエクスポートしてきた投稿データのテキストファイルを選択
そして、ファイルをアップロードしてインポートを選択

しかし、さらに問題発生
転送できるファイルの大きさに問題あり
なので、これを修正する

アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。
とでるので
find / -name php.ini
で検索し
/usr/local/lib/php.ini
とでたので
このファイルを編集

upload_max_filesize = 2M

upload_max_filesize = 200M
へ変更

これでもダメなので
http://d.hatena.ne.jp/knowledgetree/20110217/1297939617
を参考に再度変更

memory_limit スクリプトが確保できる最大メモリ
post_max_size POSTデータに許可される最大サイズ

上記3つの項目が下記のような関係になるように設定しなければいけません。

memory_limit >= post_max_size >= upload_max_filesize
ということなので、これらの項目にも注目

post_max_size = 8M
なので
post_max_size = 250M

memory_limit = 128M

memory_limit = 512M

しかし、いくらやっても反映されないため
http://word-express.net/wp-32
を参考に
php.ini を wp-admin にコピーすることに
しかし、これでもダメなので

sftp -oPort=ポート番号 ユーザ名@IPアドレス
でSFTP接続
put heberekemaruhunihun.txt
で転送

cp -p /home/snowpool/heberekemaruhunihun.txt /var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/
でファイルを
wp-content へコピー

cd /var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/

mv heberekemaruhunihun.txt mt-export.txt
でファイル名を変更し
Import mt-export.txt
でインポート成功

これで、とりあえずは wordpress への移行が完了しました
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

アフィリエイトとWebサービス連携方法

WebサービスAPIとアフィリエイト連携

Yahoo!ショッピング
Yahoo!オークション
リクルートWebサービス
これらのサービスは、
アフィリエイト広告とつなげて収益を出すことができます

今回は、
WebAPIとアフィリエイトの連携方法は同じ書き方になるので
よく使うことがある
ホットペッパーの店舗ページへのリンクを
バリューコマースのアフィリエイトURLと連携させる方法

やり方は、
リンクになっているURLを
バリューコマースのURL + URLエンコードした
ホットペッパーのURLにするということ

バリューコマースのURLは
バリューコマースから発行それた
sid
pid
を含む
URLのことです

例えば
http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=発行されたsid&pid=発行されたpid

毎回、ベースURLや、エンコードしたURLを書くのは大変なので
変数へ格納するとやりやすくなります

詳しくは
リクルートWEBサービス × バリューコマース
に載っています

参考書籍でおすすめは
WordPressプラグイン & WebAPI 活用ガイドブック [Version 3.x対応]
です


テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

ホットペッパーグルメサーチAPI

ホットペッパーグルメサーチAPI

これは、名前のとおり、ホットペッパーのサイトから
レストランとかカフェの店舗情報を検索するもの

たぶん、私的には一番使いそうなものです

ほかのAPIみたいに、条件の絞り込みができます

詳細については
http://webservice.recruit.co.jp/hotpepper/reference.html
に書かれています

これにより
特定の場所の近所のレストランやカフェの表示
さらに、
キーワード
料理のジャンルも指定できるため
条件をうまく組み合わせることで
地域グルメ情報、
旅行先のグルメガイドなどができます

アプリにして、
旅行ガイドとかにするのもおもしろいと思います

あと、グルメサーチAPIは
バリューコマースの
アフィリエイトが使えるため
ガイド+アフィリエイトということもできます

ホットペッパーグルメサーチAPIも
リクルートWebサービスへ登録し
APIキーを取得する必要があります

登録するには
http://webservice.recruit.co.jp/
へアクセスし、
新規登録をクリック、規約に同意して
メールアドレスを登録すれば
あとは、メールアドレスあてにキーが送られてきます

あと、
リクルート WEBサービス とバリューコマースのアフィリエイトサービスを
連携させる方法については
http://webservice.recruit.co.jp/docs/vc/
にかかれています

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

中古車検索APIでリクエストURL作成

中古車検索APIでリクエストURL作成

カーセンサーAPIてほ、
パラメータのkeyは必須になります

ベースURLへ
パラメータをつなげて、リクエストURLを作成てきます

今回は、
都道府県
車種
を指定して、
年式の新しい順で表示します

都道府県は、pref
車種は、model
年式を新しい順にするには、order=5
として組み上げます

http://webservice.recruit.co.jp/carsensor/usedcar/v1/?key=APIキー&model=車種名&pref=都道府県コード&order=5

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

中古車検索API

中古車検索API

これは、カーセンサーnetのデータから
車種、色、販売地域など、
条件を指定して、表示するというもの

走行距離、年数などの情報も取得可能なため
アフィリエイトと組み合わせて
中古車検索ページや
中古車サイトも作成できる

カーセンサー中古車検索APIを使うには
リクルートWebサービスに登録し
APIキーを取得する必要があります

APIの
基本仕様は
http://webservice.recruit.co.jp/carsensor/reference.html

ベースURLほ
http://webservice.recruit.co.jp/carsensor/usedcar/v1/

リクエストパラメータの必須パラメータはkey
これほ、APIキー

その他検索用パラメータとして
model
車種

large_area
中古車店所在エリアをコードで指定

pref
中古車店の所在する都道府県をコードて指定

body
ボディの形をコードで指定

color
車の色をカラーコードで指定

keyword
ブランド
車種
モデル
説明


など、キーワードを指定

price_min
最低価格

price_max
最高価格

missiin
ATか、MTか指定
1ならAT
2ならMT

order
検索結果の並び順を指定
0 デフォルト設定で、これほ、ブランド順
1 価格の安い順
2 価格の高い順
3 車種名順
4 年式古い順
5 走行距離少ない順

start
検索結果の何件目から表示するか指定

count
検索結果の最大出力データ数
デフォルトは10
1~100で設定

レスポンスフィールドは、いかの用になります

results_available
検索結果の全件数

results_returned
レスポンス結果に含まれる検索結果の件数

results_start
検索結果の開始位置

usedcar->brand->code
ブランドコード

usedcar->brand->name
ブランド名

usedcar->model
車種名

usedcar->geade
グレード名

usedcar->price
本体価格

usedcar->inspection
車検情報

usedcar->maintenance
整備情報

usedcar->warranty
保証情報

usedcar->recycle
リサイクル規定

usedcar->desc
説明文

usedcar->body->code
ボディタイプコード

usedcar->body->name
ボディタイプ名

usedcar->odd
走行距離

usedcar->year
登録年

usedcar->shop->name
店名

usedcar->shop->pref->code
都道府県コード

usedcar->shop->pref->name
都道府県名

usedcar->shop->lat
緯度

usedcar->shop->lng
経度

usedcar->shop->datum
測地系

usedcar->color
ボディカラー

usedcar->maintenance_comment
整備に関するコメント

usedcar->maintenance_free
整備にかかる金額

usedcar->photo->main->l
大きいメイン画像のURL

usedcar->photo->main->s
小さいメイン画像のURL

usedcar->photo->main->caption
キャプション

usedcar->photo->sub
その他の画像URL

usedcar->urls->pc
PC向けURL

usedcar->urls->mobile
携帯向けURL

usedcar->urls->qr
QRコード向けURL

usedcar->warranty_comment
保証に関するコメント

usedcar->warranty_distance
保証距離

usedcar->warranty_length
保証期間

usedcar->warranty_fee
保証費用

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック