FC2ブログ

Web サーバ構築 その2

今回は、以前 書きましたWeb サーバ構築 その1
の続きになります

今回も 参考にしたサイトの続きをおこなっています

まず
Webサーバー間通信内容暗号化(Apache+mod_SSL)
をそのまま行いました
前回との違いは https で接続できるようになったことですね

次に
ユーザーディレクトリ作成(/~ユーザー名/)
でユーザディレクトリをつくります
ユーザ名はなんでもいいので、今回はwiki というユーザにしてみました
このため、このサイトで centos となっている部分をすべて wiki へ置き換えています

これにより、レンタルサーバの自分のスペースのようなものができるみたいですね
ちなみに私はレンタルサーバは実際には使ったことがないので、
間違っていたらすみません

ここまでできたら、次に
Webページパスワード制限(htpasswd)
を作成できます

というより
Webサーバー、Webサーバー間通信内容暗号化が導入済でないとこれはできないみたいです

この方法を導入することで、パスワード認証が必要なページをつくれます
秘密ページなどをつくるときに使えそうです

今回はまだここまでです

ポート開放できるほどのスキルはまだありませんので
まずはローカルで構築して、セキュリティの勉強をしていこうと
思っています


Webサーバー間通信内容圧縮(mod_deflate)
はポート開放できていないので、確認は行っていません

次は引き続き FTPサーバを構築予定です
スポンサーサイト



テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

Web サーバ構築 その1

DLNA、iTunes サーバができましたので
引き続き、Webサーバの構築をしてみます

今度の用途は、PHP+MySQL の開発環境と、pukiwiki を実効できる
環境を作成してみようと思います

ただし、せっかく作ったiTuneサーバなどとまざると面倒なので
VMware Player3 を使って
新規インストールし、作成されたCentOS 5.4を
Webサーバにしてみます

まず、
CentOS5インストール
を参考にインストール

次に、CentOS5初期設定
を参考に設定
ただし、メールサーバは構築していないので
OP25B対策はしません

そしてWebサーバー構築(Apache)
を参考に設定
でも、
ServerName centossrv.com:80 ← サーバー名を指定
のところは、ドメイン名が浮かばないので、とりあえず#を外し
そのままにしました
これを放置すると、
/etc/rc.d/init.d/httpd start
を実行した時に警告文がでてきます

とりあえず、今日はWebサーバ起動までで終了です

現状では、ネット公開までの設定をしていないので、完成後に公開しようと思います

ちなみに、ポート開放するときの注意点として
2重ルータに注意しましょう

この状態になっていると、まず公開できません

詳しくは
ポート開放ナビ

ポート開放 方法
を見るとかなりわかりやすいです

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック