FC2ブログ

複数データの読み出し

複数データをオブジェクトにまとめて保存した場合
まとめてデータを読み出します

以下はソース
var load_str ~ localStorage.playerData;

//読み出したデータをオブジェクトに変換
var load_obj = JSON.parse(load_str);

//オブジェクトを変数に代入
var name = load_obj.name;
var hp = load_obj.hp;
var dress = load_obj.dress;



JSON.stringy() でJSON文字列にして保存した
データを
JavaScriptオブジェクトに復元するには
JSON.parse() を津かいます

JSON文字列では、
数値や文字列などの型情報は保存されているため
parseInt()
parsefloat()
などで数値変換しなくても大丈夫です

さらに、複数の値を localStorage の
1つのキーにまとめて保存することもできます
また、逆に複数のキーにわけて保存することもできます

ちなみに、このJSON.parse() ですが
Web API でマッシュアップするときにも使えます

最近ではXML以外に JSON で提供もされていますので
いろいろ使うことができます

また、JSONを使うことで
ゲームの保存と読み込み、
セーブとロードができるので、いろいろと活用すると
おもしろいゲームができそうです
スポンサーサイト



テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

Web Storage の活用

Web Storage はブラウザ側
つまりスマホ端末内に
任意のデータを保存する技術

これがない従来のweb アプリでは
データの保存には
webサーバーに保存する
もしくは
Cookie に保存していました

ちなみに、Cookie のh存容量は
4kB未満ですが

Web Storage では
2.4MBほどあります

Web Storage API は
キーと値のペアでデータを保存する
キーバーリュー型で実装されています

Web Storage には2種類あり、
データを永続化するlocalStorage

ブラウザを閉じるまで有効な
sessionStorage

この2つになります

この2つは用途により使い分けします

あと、これらはオリジンごとに保存されます

オリジンは、
プロトコル+ドメイン+ポート番号
のことです

Web Storage の基本的な書式は

ストレージへ値を保存するには
localStorage[key]= value;

ストレージからの読み出しは
var value = localStorage[key];

となります

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック