FC2ブログ

Zabbix でサーバ監視 その3

Zabbix でサーバ監視 その2
の続きになります

日経 Linux (リナックス) 2011年 12月号 [雑誌]
によれば、これで firefox を起動し、
http://localhost/zabbix
へアクセスすればOKとなっていますが、見事にエラーです

Zabbix is temporally unavailable !
となり、使えません

画面上部に
mysql_connect Access denied for user 'zabbix@localhost'(using passord:YES)
/usr/share/zabbix/include/db.inc.php:58
とでています

原因を探るため、エラーメッセージを google で検索

Google 検索で、検索した結果、どうやら
PHPのタイムゾーンが設定されていないのが原因ということのようです

これを修正するには
php.ini のdate,tunezone を設定する必要があるようです

sudo /etc/php5/apache2/php.ini
で設定ファイルを開き、
/date.timezone
で検索し
;date.timezone =

date.timezone =Asia/Tokyo
へ変更します

max_execution_time=30

max_execution_time=300

post_max_size = 8M

post_max_size = 16M

mbstring.func_overload = 0

mbstring.func_overload = 2

へ変更しました

設定変更については
Zabbixのインストール
を参考にさせていただきました

これでログインできるかと思ったのですが。相変わらずエラーのままです

ほかの解決方法がないか調べてみました

Zabbix Serverのインストール(Ubuntu Enterprise Server 11.04)
を参考にすることで、原因が判明しました

sudo vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf
で見た
DBPassword=zabbix
に対して

sudo vim /etc/zabbix/dbconfig.php
の中の
$DB["PASSWORD"] = "zabbix";
となるべき部分が
$DB["PASSWORD"] = "zabbixapp";
になっていたのが原因でした

これを修正して、
sudo service apache2 restart
で apache2 を再起動

再度
http://localhost/zabbix
で無事にログインできました

ちなみに、初期のログインには
ユーザ名
admin

パスワード
zabbix
でログインになります

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

Zabbix でサーバ監視 その2

Zabbix でサーバ監視
の続きです

sudo apt-get install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent

必要なものをインストール

zabbix-server-mysql が Zabbix サーバー

zabbix-frontend-php が管理画面

zabbix-agent がエージェントソフトになります

インストールしている途中に
MySQL の管理者パスワードを聞かれるので、
前回設定した root ユーザパスワードを入力

次に、Zabbix サーバーの MySQLデータベースのパスワードを設定

今回は zabbix にしてみました

使うデータベースを選択する画面になるので、
mysql を選んで 了解を押します

今度は管理画面用のパスワードを聞かれますので
これも別のパスワードにしてみます

今回は
zabbixappuser
にしてみましょう

確認のため、もう一回入力するようにされるので
再度入力します

これで、インストールが完了になります

次回は、初期設定になります

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

Zabbix でサーバ監視

日経 Linux (リナックス) 2011年 12月号 [雑誌]
 で Linux 活用事例が載っていたので
さっそく再現開始



今回は、実機投入する前にテストを行うため
64bit Ubuntu デスクトップでできるかを調べるため
VMware Player 4 を使い、同じ環境を作ります

ちなみに、書籍に載っているのは 32bit 環境のようです


まずは最初に
sudo apt-get -y install nautilus-open-terminal
を入れる

次に
書籍に載っているのが 32bit での環境のようなので
32bit 互換ライブラリをインストールするため
sudo apt-get -y install ia32-libs
を実行


sudo apt-get install tasksel
でtasksel をインストールし

sudo tasksel
で起動

カーソルでLAMPまで移動して
スペースキーを押すと * がつくので

次に<了解>をクリック
Screenshot-Ubuntu 64-bit Server Test - VMware Player


あとは、自動で進んでいくので放置

パッケージ取得が完了すると
mysql-server の rootユーザのパスワードを設定するようになります
Screenshot-Ubuntu 64-bit Server Test - VMware Player-1



セキュリティのため、忘れずにパスワード設定しましょう

確認のため、もう一度聞かれるので
再度入力します
Screenshot-Ubuntu 64-bit Server Test - VMware Player-2


これで LAMP環境構築できました

ちなみに、LAMPは
Linux
Apache
MySQL
PHP
の略になります

たまに、PHP ではなく Perl だったりしますが

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック