FC2ブログ

Google App Engine の料金

Google App Engine
通称GAEの料金と Linux 版についてです

まず、GAEの料金からですが

GAEの無料枠が去年大幅に削減されました

CPU時間ベースの課金から、インスタンス時間ベースの課金へと変わりました

GAE 料金
などで検索するとでてきますので、興味がありましたら
検索してみるといろいろとでてきます

今回の参考サイトは
Google App Engineの新料金体系対策
です

また、Linux 版の場合
Windows や Mac のときとは違い
GUIで操作する
GoogleAppEngineLauncher
がないかわりに、
Linux の場合はライブラリ一式が渡されるので
自分で適当なディレクトリに配置して使用します

基本的に Linux のほうでは
ほとんどのツールがコマンドラインから操作になります

このあたりの解説には
Google App Engine とは
に詳しく載っていました

スポンサーサイト



テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

GAEの使いかた メモ

GAEの使いかたについてメモです

設定については

ubuntu 11.10 の場合、最初から
python がインストールされています

そして
Google App Engine SDK が必要になるので
https://developers.google.com/appengine/downloads?hl=ja
から
google_appengine_1.6.5.zip
をダウンロードし

cp google_appengine_1.6.5.zip ~/
でホームディレクトリにコピー

unzip google_appengine_1.6.5.zip
で解凍します

次に、使いかたです

これについては
Google App Engine for Pythonの開発環境をUbuntu 10.04に構築する
[GAE][Python][facebook] 非エンジニア女子による、15分間でできるfacebookアプリデビュー:GAE(Python編)
を参考にさせていただきました

あと、GAEにアクセスするには
http://(GAEで登録したURL名).appspot.com/
でアクセスすることができます

GAEで登録したURL名は
登録したアプリケーションID になります

では、実際にデブロイしてみます

すでに ホームディレクトリに
google_appengine
ができているので

cd google_appengine/
で移動します

mkdir helloworld
でディレクトリ作成して
vi helloworld.py
でリクエスト実行ファイルを作成して

print 'Content-Type: text/plain'
print ''
print 'Hello, world!'
を記述して保存します

vi app.yaml
でアプリケーションの設定ファイルを作成して

application: アプリケーションID
version: 1
runtime: python
api_version: 1

handlers:
- url: /.*
script: helloworld.py

が中身になります

アプリケーションIDは、GAEで作成したIDです

次に、Google App Engine にアップロードします
まず、google_appengine に戻るため

cd google_appengine/
で移動

python ./appcfg.py update helloworld/
を実行すると、アップロードされます

アップロードするときに
メールアドレスとパスワードを聞かれますが
これは
Google アカウントの Gmail アドレスと 
Gmail のパスワード
となります

アップロード完了後
http://(GAEで登録したURL名).appspot.com/
でアクセスして
helloworld
と表示されれば成功です

今回は python でしたが
google で
google pp engine PHP
と検索すれば
PHPを使ったり、サイト作成についてもでてきます

Google App Engine は無料枠があるのですが
有料になることもあるので、このあたりをまた書いていこうと思います

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

ubuntu10.10 でGAE環境構築

ubuntu 10.10 32bit へ
Google App Engine の導入を行ってみます

いつも通り、実験段階なので、
仮想環境でまずは実験です

まず、普通にクリーンインストールします

次に、VMware Tool のインストール
を参考に、VmwareTools をインストールします

アプリケーション > アクセサリ > テキストエディタ
で開き。

#!/bin/bash
sudo apt-get -y install ssh
sudo apt-get -y install vim
sudo apt-get -y install nautilus-opne-terminal
sudo add-apt-repository 'deb http://archive.canonical.com/ lucid partner'
sudo apt-get update
sudo apt-get -y install sun-java6-jdk
sudo update-alternatives --config java
mkdir $HOME/bin

を記述し、ファイル名を setup_ubuntu.sh
で保存

次に、sh setup_ubuntu.sh
を実行します

途中で、sun-java のライセンスで聞かれるので、了承するようにします
また、
もともと ubuntu に open-jdk が入っているので
sun-java と切り替えるために、
update-alternatives --config java
を実行しています

このときに2を選択すれば、sun-java が使えるようになります

次に、Eclipse をダウンロードし、インストールします
http://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/technology/epp/downloads/release/helios/SR2/eclipse-java-helios-SR2-linux-gtk.tar.gz
から
eclipse-java-helios-SR2-linux-gtk.tar.gz
をダウンロードします

次に、これを展開します
ダウンロードしたディレクトリに
cd コマンドで移動し、
tar zxvf eclipse-java-helios-SR2-linux-gtk.tar.gz -C $HOME/bin
で展開
されに
echo -e 'PATH=$PATH:$HOME/bin/eclipse' >> $HOME/.bashrc

eclipse というコマンドで起動するようにします

設定反映のため
source ~/.bashrc
を実行すれば、最初の準備は完了です

次に、プラグインのインストールになるのですが
Android のときのように時間がかかりそうなので、
続きはまた明日以降にします

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック