FC2ブログ

放射線の人体への影響

最近は、福島の原発のニュースでどのくらい放射性物質が
漏れているのか?
ということがニュースで報道されます

しかし、この時に報道される
ミリシーベルト
マイクロシーベルト

という単位について、わかりにくいため
調べてみました

参考サイトは
放射線の人体への影響
そして
放射線の基礎知識です

マイクロは基礎となる単位に対して100万分の1、
ミリは1千分の1の量を意味する。
つまり、1ミリシーベルトは1千マイクロシーベルト

ということになるようです

この参考サイトによれば、
250ミリシーベルト以下であるなら
治療が必要な報告はされていないそうです

msn 産経ニュースによりますと
放射能漏れ
東京で20倍の観測 さいたまは40倍

とかかれていましたが
通常の20倍以上となる0・809マイクロシーベルトの放射線量が検出

となっています

この数値をみる限りでは
1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト
ということから考えると

今回の検出された量は
0.000809 ミリシーベルト
になるのでは?

人体に危険がでるのが250あたりとするなら
まだ大丈夫な気がします

ほかの情報を調べてみると


【7.000~10.000】 全身被爆で死亡

【1.000】 全身被爆で悪心、嘔吐(10%の人)

【500】 全身被爆で抹消血中のリンパ球の現象

【10】 ブラジル、ガラパリでの自然放射線(年間)

【6.9】 医療撮影検査(CTスキャン)

【2.4】 一人当たりの自然放射線(年間)

【1】 一般公衆の年間線量限度

【0.6】 胃のX線集団検診(1回)

【0.05】 胸のX線集団検診(1回)

となるようです

通常は使わない単位だとわかりにくいのですが
ネットを使って情報を調べることで、解決することも
あります

Yahoo知恵袋、おしえてgoo なども活用すると
より効率的に調べることができます

スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック