FC2ブログ

XAMPP で WordPress その2

XAMPP で WordPress
の続きになリます

一度停止しているので、
再度
/opt/lampp/lampp start

XAMPP を起動します

次に
/opt/lampp/bin/mysql -u root -p
でログインし

create database wordpress character set utf8;
でデータベースを作成します

grant all privileges on wordpress.* to username@localhost identified by 'password';

ユーザとパスワードを設定します

username@localhost
はユーザ
'password'
がパスワードになります

設定を反映するには
flush privileges;
を実行します

MySQL は、参考書などをみると大文字ですが
基本的には小文字でも大文字でも入力はできるようです

ただ、分かりやすさを考慮すると、やはり大文字での
記述が好ましいと思います

ここまで終了したら、続いて。
firefox を立ち上げて、
http://localhost/wordpress
にアクセスします

すると、初期設定画面がでてくるので
デフォルトで
作成をクリックします

この設定を完了した後に
端末に移動し
chown nobody /opt/lampp/htdocs/wordpress/wp-config.php
chmod 600 /opt/lampp/htdocs/wordpress/wp-config.php
で設定ファイルを管理者以外に読めないように変更します

この設定完了後
再び firefox に戻り

インストール実行
をクリック
したら

必要な項目を記入し
wordpress をインストール
をクリックし
インストールを完了します

しかし、残念ながら
localhost でのアクセスは可能なのですが
なぜか他のローカルネットのPCからでは
アクセスできません

この件については
また調べてみようと思います

※原因が判明しました
ファイアウォールにより弾かれていました
このため、XAMPP を起動しているPCで
iptables -F
を実行することで、ローカルネットでの閲覧が可能になります

スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

XAMPP で WordPress

今回も、日経Linux に載っていた内容をもとに
XAMPP でWebアプリの勉強です

今回の参考雑誌は


です

今回使用する WordPress 3.0.1 は
付録のDVDに収録されていますので
これを使います

DVDを入れて
/media/Ubuntu 10.10 i386 Japanese/article/rensai_server
にある
WordPress 3.0.1

cp -p /media/Ubuntu 10.10 i386 Japanese/article/rensai_server/wordpress-3.0.1-ja.zip /home/wiki/Download

で付録DVDから自分のパソコンへコピーします

次に suコマンドで管理者権限になり
XAMPP を起動します

/opt/lampp/lampp start

このときに、XAMPPで起動するサービスとかぶるとエラーになります
もし、XAMPPで起動するなら
Apache , MySQL ProfFTP などを起動しているなら
それらを停止する必要があります

/etc/rc.d/init.d/httpd stop
/etc/rc.d/init.dmysqld stop
で止まるはずです

あとは unzip に -d オプションをつけて解凍するそうですが
なぜかエラーです

おこなった操作は
unzip -d /opt/lampp/htdocs/wordpress-3.0.1-ja.zip

unzip に関しては
検索してもでてこないので、
$man unzip
でリファレンスをみました
しかし、解決には至らないので

unzip wordpress-3.0.1-ja.zip
で一度解凍して、このファイルを
mv wordpress /opt/lampp/htdocs/
で移動します

※解決しました
ただ、単純にタイプミスでした
unzip -d /opt/lampp/htdocs/wordpress-3.0.1-ja.zip
ではなく
ダウンロードしたディレクトリ、もしくは
圧縮ファイルをコピーしたディレクトリに移動して
unzip -d /opt/lampp/htdocs/ wordpress-3.0.1-ja.zip
で展開できます
最後の
wordpress-3.0.1-ja.zip
の前にスペースがなかったのが原因でした

引き続き、オーナーの変更を行います

chown nobody /opt/lampp/htdocs/wordpress
chown nobody -R /opt/lampp/htdocs/wordpress/wp-content

ここまで完了したら、次に MySQL による設定を行います

ちなみに、chown の -R オプションは
その下にあるすべてのファイルやディレクトリのオーナーを
変更するという意味です
詳しい説明は

お便利サーバー.comの記事の
"chmod"パーミッションを変更する
に載っています

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

PHP と XAMPP(WIndows 7)

PHP と MYSQL そして WEbAPI の勉強をするため
書籍で勉強しています

今回、購入してみたのは



です

最初に
XAMMP for Windows
をダウンロードします

今回、ダウンロードして使っているのは
XAMPPLite
です

デフォルトでインストールして
すべて Enterキーを入力、最後に x キーで終了します
(セキュリティ関連はまったく考慮していないので、
  公開する場合、セキュリティ対策が必須になります)

今回は、試験的に実行しているので、セキュリティは
甘めの設定です

通常、作成したファイルをアップロードするのですが
今回はXAMPP をインストールしたときに作成される
C:\xampplite\htdocs
の中にファイルを作成することでアップロードしたと同様の
結果をえられます

アクセスする場合、デフォルト設定なら
http://localhost

XAMPPが起動しているなら
アクセスできます

今回も、作成するエディタには
Terapad を使用しています

ただ、このソフトは通常はphp の拡張子で保存しないので
保存するときに  「すべてのファイル」 を選んで
保存しないと、テキストファイルで保存していますので注意が必要です

また、この書籍にはサポートページが用意されており
よくわかるPHPの教科書のサポートページ

もしくは
サポートブログ
が用意してくれてありますので、
もしつまづいて先に進めないときにはここを見るといいかもしれません

また、今回、この書籍についてわからなかったところがあったので
追記しておきます

この書籍に実行画面が載っているのですが
これには、CSSが使われているようです

残念ながら現在の私には、CSS関連の知識がないので
わからなかったのですが

htdocs に、このCSSファイルを置いておかないと
ただそのまま打ち込んでもエラーとなります

ソースコードや、CSSファイルが分からなかったり
タイプミスにより先に進めない場合、

サポートページにあるサンプルファイルをダウンロードし
その中にあるソースファイルや、CSSファイルを
htdocs に置いて実行結果から学ぶのもひとつの
手段になると思います

現在は、PHP と MySQL で手一杯なので
こちらが一段落したら、CSSを調べてみようと思います

MySQL に関しては、Ubuntu 環境になりますが
Vine_User さんの
MySQL で試すデータベース入門
そして
MySQLで試すデータベース入門その2
が参考になります

実験はしていないのですが、
おそらく Linux 環境と同じく、重なるサービス
Apache MySQL PHP FTP などがすでに起動していると、たぶん起動失敗すると思われます

そんなときには

Windows 7 ならば
マイコンピュータを右クリック >
管理 > サービスとアプリケーション >
サービス 
でMySQL を探し、停止しておきます

もし、プログラミングの勉強を始めるなら
仮想環境のVMware Player や Virtual BOx を使用すると
問題が起きても再インストールするときの手間が省けます

ただ、マシンスペックが必要になりますが......

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

XAMPP で実験 2

引き続き、fedora 13 での XAMPP の実験です

su
で管理者権限をえて

/opt/lampp/lampp start
でXAMPP
を起動します

ちなみに、このときに重複するサービスが先に起動していると
エラーになります

重複するとまずいのは
エラーメッセージがでますので
そのサービスを止めれば、問題はなくなると思われます

XAMPPはもおもとテスト環境につかうものらしく
セキュリティに脆弱性があります

かなりヤバげなものとして

MySQL のパスワード設定なし

外部から MySQL にアクセス可能

phpMyAdmin にネットからアクセス可能

FTPが nobody ユーザに対して広く知られたパスワード設定
になっている

などんど

このため、セキュリティオプションを
XAMPPが起動している状態で
/opt/lampp/lampp security
でセキュリティ機能を強化します

これにより
XAMPP
FTPのパスワード変更
MySQL root のパスワード設定
MySQL phpMyAdmin のパスワード設定

が完了します

これ以降は、
XAMPP へは lampp
MySQL 一般ユーザでは pma
MySQL root では root
phpAdmin では pma
FTP では nobody

というユーザ名、
パスワードは
/opt/lampp/lampp security
で設定したものでアクセスするようになります

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

XAMPP で実験

引き続き、日経Linux の連載を参考に
今回は fedora 13 で実験です

書籍には、CentOS もしくは ubuntu ですが
まぁその辺はなんとかなると思い、とりあえず実験開始です

例によって、仮想環境で実験します

まず、付録DVDを入れて、
cp -p /media/LIN201011/article/rensai_serverapp/xampp-linux-1.7.3a.tar.gz /home/wiki/

でファイルをコピーします

次に、管理者権限で
tar zxvf xampp-linux-1.7.3a.tar.gz -C /opt/
を実行します

一般ユーザで実行すると、失敗します
(たぶん、書き込み権限などの問題です)

tar コマンドで、-C オプションがついていますが
これは
ディレクトリを移動してから書庫を作っています

つまり、/optディレクトリに移動してから
展開を行っています

この辺の詳しい説明については
DB@WEB
の説明を参考にしてください

今回、導入した XAMPP ですが
yum や RPM のようなパッケージではないので、不必要になったときには
opt ディレクトリに展開したディレクトリを削除すればOKです

展開されたディレクトリを調べるには
ls -la /opt で表示されます

私の場合、
/opt/lampp
というディレクトリが作成されています

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック