FC2ブログ

fc2ブログの内容を wordpressへインポート

wordpress をインストールしてみたので

fc2 wordpress 移行
で検索して

http://miyearnzzlabo.com/archives/238
を参考に引越ししてみました

なお、移行先は
http://wp.developapp.net/
となります


まずFC2ブログのデータのバックアップ

これは
ログインして
ツール > データのバックアップ
これで、どこまでバックアップするか選択するので
すべての記事をダウンロード

すると、テキスト形式でダウンロードされるけど
これは記事だけで、画像は別
画像データなどは
一番したのほうに
あるけど、一発でダウンロードはできない

さすがに1つずつでは面倒なので
ファイルのリンク先
から
wget で * で一気にやろうとしたけどエラー

このため
http://d.hatena.ne.jp/DarkOrcale/20060822/1156214130
を参考に
vim でダウンロードリストを書いた
download.list を作成
(中身はURLを書いただけ)

これを
wget -i download.list

一括ダウンロードすることに成功

とりあえず、これで記事、ファイルともに揃ったので
次に wordpress の設定

まず、サーバーへSSHでログイン

次に、ディレクトリ作成のため
mkdir /var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/uploads/imgs

としたけど、許可がないと言われるので
su で管理者権限となり
再度作成

このままだと root 所有者なので
cd /var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/uploads/
chown nobody imgs/
で権限変更

次に、また ubuntu に戻り、ファイルの変更

ブログの記事をダウンロードしているので
ファイルのリンクがすべてブログのURLになっている

これを変更する必要がある

まずは、画像ファイルをアップロード

SFTPで転送するけど
ポートが変えてあるので
http://d.hatena.ne.jp/rdera/20080901/p1
を参考に
sftp -oPort=ポート番号 ユーザ名@パスワード
で接続

次に、まとめてファイル転送
FileZilla でやろうとしたけど
ファイルが230もあり面倒なので、コマンドですませることに

http://cns-guide.sfc.keio.ac.jp/2004/2/6/3.html
を参考に
mput で複数ファイルを転送できるので

ファイルは、まとめておきたいので
作成しておいたディレクトリ frc2bacl に移動
cd fc2bacl/
そして、転送
mput *.png
で転送

とりあえず、
ここから再度コピーしようとしてもエラー連発
http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A4%89%E6%9B%B4
によれば
wp-content のパーミッションは
755 か それ以上にするとのこと

cp: cannot create regular file `/var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/uploads/imgs/wiresharks.png': 許可がありません
とでてくるので
かたっぱしから chmod 777 にしていたけど
最終的には
cp *.png /var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/uploads/imgs/
でできたときに
images だけ 777 にすればよいことがわかった

で、一番面倒そうなURLの変更

http://blog-imgs-37.fc2.com/h/e/b/heberekemaruhunihun/

http://blog-imgs-37.fc2.com/h/e/b/heberekemaruhunihun

これを自分のWPのURLに変更する

つまり
http://wp.developapp.net/wp-content/uploads/imgs/
とすればOK

念のため、変更するまえに
ファイルをバックアップしておく
cp heberekemaruhunihun.txt heberekemaruhunihun.txt_bk

これで、失敗しても安心



置き換えは gedit でやる予定だったけど
文字を読み込んだら文字化けしたので
Geany で置き換え

これで、ようやく記事のインポート

wordpress のダッシュボードで
ツール > インポートで
http://miyearnzzlabo.com/archives/276
を参考にインポート

FC2ブログはMovable Type(MT)形式のデータなので、[ツール]⇒[インポート]で、[Movable Type と TypePad]を選択

しかし、Movable Type and TypePad Importer 0.4
が必要とのことなので、画面の案内にしたがい
インストール

プラグインを有効化し
『参照』ボタンを押して、FC2ブログからエクスポートしてきた投稿データのテキストファイルを選択
そして、ファイルをアップロードしてインポートを選択

しかし、さらに問題発生
転送できるファイルの大きさに問題あり
なので、これを修正する

アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。
とでるので
find / -name php.ini
で検索し
/usr/local/lib/php.ini
とでたので
このファイルを編集

upload_max_filesize = 2M

upload_max_filesize = 200M
へ変更

これでもダメなので
http://d.hatena.ne.jp/knowledgetree/20110217/1297939617
を参考に再度変更

memory_limit スクリプトが確保できる最大メモリ
post_max_size POSTデータに許可される最大サイズ

上記3つの項目が下記のような関係になるように設定しなければいけません。

memory_limit >= post_max_size >= upload_max_filesize
ということなので、これらの項目にも注目

post_max_size = 8M
なので
post_max_size = 250M

memory_limit = 128M

memory_limit = 512M

しかし、いくらやっても反映されないため
http://word-express.net/wp-32
を参考に
php.ini を wp-admin にコピーすることに
しかし、これでもダメなので

sftp -oPort=ポート番号 ユーザ名@IPアドレス
でSFTP接続
put heberekemaruhunihun.txt
で転送

cp -p /home/snowpool/heberekemaruhunihun.txt /var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/
でファイルを
wp-content へコピー

cd /var/www/html/wp.developapp.net/wp-content/

mv heberekemaruhunihun.txt mt-export.txt
でファイル名を変更し
Import mt-export.txt
でインポート成功

これで、とりあえずは wordpress への移行が完了しました
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

vagrant マシン接続のため hosts 編集

vagrant マシン接続のため hosts 編集

#06 hostsを編集してみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_local_development_v2/24806
を参考に
hosts の編集

IPではなく、ドメインのようなものでアクセスできるように設定する

動画と同じようにしたいのなら
dev.dotinstall.com

ドットインストールでは Mac
私の環境は ubuntu とちょっと違うのでメモ

hosts を編集するには
sudo vim /etc/hosts

でファイルを開き
192.168.33.56 dev.dotinstall.com
というように追記

これで、ブラウザで
dev.dotinstall.com
とすると
192.168.33.56
と同じ意味になる

今後、自分でドメインをとって開発するときに
テスト環境として使えるので
もし、変更したいのなら
dev.dotinstall.com
を自分のドメインに書き換えればOK

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

vagrant マシンでHTML表示

vagrant マシンでHTML表示

#05 htmlファイルを表示してみよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_local_development_v2/24805
を参考に
HTMLファイルを表示してみる

まず、 ユーザ vagrant がアクセスできるように権限変更

sudo chown -R vagrant:vagrant /var/www/html

次に、ファイル転送をするので
ホストマシン、私の場合は Ubuntu で
FileZilla を起動して転送

ホスト名には
192.168.33.56

Protocol は
SFTP
を設定

ログオンの種類は
通常を選択して

ユーザ名 vagrant
パスワード vagrant

で接続

接続できたら
リモートサイトを
/var/www/html
にして
ファイルを作成しようとしたけど
ubuntu の filezilla の場合ファイルを作成する項目が見当たらないので
cd /var/www/html/
touch index.html
でファイル作成

そしてそのまま編集
hello と書いて保存し
再度
192.168.33.56
をリロードして
hello
と表示されれば成功

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

vagrant マシンにweb サーバー導入

vagrant マシンにweb サーバー導入

#04 Webサーバーを導入しよう
http://dotinstall.com/lessons/basic_local_development_v2/24804
を参考に web サーバーインストール

まず現在インストールされているものを調べるには
yum list installed
で確認できる

確認だけなら sudo なしでもみれる

より細かく調べるなら grep と合わせるとよい
もし httpd がインストールされているか
調べるなら
yum list installed | grep httpd

これで何も表示されないのなら
インストールされていないということ

今回はインストールされていないので
sudo yum install -y httpd
でインストール

ちなみに、この httpd が web サーバで
apache というものになる

sudo service httpd start
sudo chkconfig httpd on
で httpd を起動

chkconfig は次回、自動起動するか設定する
on なら次回から自動起動する

webサーバー起動確認するには
ブラウザを開いて
http://192.168.33.56/
というように
Vagrantfile で設定したIPを打ち込めばOK

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

仮想マシンのネットワーク設定

仮想マシンのネットワーク設定

#03 ネットワークの設定をしていこう
http://dotinstall.com/lessons/basic_local_development_v2/24803
を参考に
vagrant で作成したCentOS のネットワークを設定

まずシステムアップデート
sudo yum -y update

アップデートできたら
ネットワークの設定

sudo yum -y install vim
で vim をインストール

sudo vim /etc/resolv.conf
ちなみに、ディレクトリパスは
tab キーで補完するとミスしにくい

で、開いたファイルで
一番上に
options single-request-reopen
を追記して保存

これの意味はいまいちわからないので検索
http://www.kunitake.org/chalow/2012-11-02-1.html
にこのあたりの解説が載っているので参考に

どうやら名前解決の遅さ解決のためのようです


そして、開発環境でファイアウォールの解除
sudo service iptables stop
sudo chkconfig iptables off

自分で iptables 設定してもいいけど
なれないうちはこのほうが楽
ちなみに、FW解除しないと
PHPとかでつくってもなにもみれないので注意

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
GREEハコニワ攻略サイト
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
FXプライムレート
最新コメント
最新トラックバック